2009年09月02日

東京マラソン2010の申込者が31万人を突破。

大方の予想どおり、東京マラソン2010のエントリー者数がついに30万人を突破しました。この流れでいくと、東京以外の人気大会にも影響(好影響?悪影響?)が及びそうです。
tokyo31mannin.jpg

東京都の発表によると、マラソンおよび10kmの部の申込者は合計で31万1441人。倍率はじつに8.9倍となってしまいました。マラソン&ランニングが盛り上がるのは結構ですが、仮装パレード&ウォーキング大会化がますますひどくなりそう・・・。

そろそろ計時無し・最後尾スタートの「仮装の部」にまとめてしまうなど何らかの対処をしないと、とんでもない方向に向かいかねません。「本当に走りたい人が走れる」競技大会であってほしいものです。

どこかで誰かが書いていましたが(どこで読んだか忘れました)、「有料エントリー」も面白いアイデアだなと思います。つまりエントリー料としてすべての人から数千円を徴収するのです。このお金は落選しても返ってきません。で、どこへいくかというと全額チャリティまたは運営費に回されます。

これなら興味もないのにノリでエントリーしちゃうような人が減って、「本当に走りたい人」の当選確率がアップすると思われます。

今のところ東京マラソンのようにケタ外れのエントリーを集める大会はありませんが、4月に行われる「長野マラソン」の場合、前回大会では数時間で定員いっぱいとなってしまいました。来年あたり抽選ということもあり得るかもしれません。

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!

●関連カテゴリー
東京マラソン
走れ!ランニング
マラソン大会レビュー
トレイルランニング
Nike+
東京マラソン2010ランナー参加者申込み状況

        
posted by 株式会社イング | TrackBack(0) | 東京マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック