名古屋ランニングジャーナル

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

2017「鯖江つつじマラソン」。
(名古屋RJ編集長 at 05/16 21:54)
[1/2ページ]
鯖江といえばメガネ、メガネといえば鯖江。メガネフレームの国内生産シェア9割以上の福井県ですが、その中心的存在が鯖江市なのです。そんな「めがねのまちさばえ」で開催された「第39回 鯖江つつじマラソン」を実走取材してきました。
DSCN5705.JPG


鯖江つつじマラソンの当日の参加者は3,424名。地元ランナー中心の中規模大会で、会場にはほのぼのとした雰囲気が漂っていました。
DSCN5732.JPG

種目はハーフ・10km・5km・3km・2kmの5種目。小中学生の部は細かく10部門に分かれており、地元の子どもたち(とくに陸上部員)にとって大切な大会のようです。
DSCN5745.JPG
DSCN5752.JPG

私が出場したのはハーフの部。参加選手数は700名弱で、スタート時の渋滞もほぼゼロ。ストレスなく走り始めることができました。
DSCN5789.JPG
DSCN5797.JPG

陸上競技場のトラックが発着というのもテンション上がります。
DSCN5740.JPG

コースは基本的に「行って帰ってくる」往復ルート。往路は上り基調、復路は下り基調で、大きなアップダウンはありません。
DSCN5807.JPG

カエルの大合唱がこだまする美しい田園地帯をひたすら走ります。
DSCN5826.JPG

序盤は曇りで走りやすかったのですが、スタートから30分ぐらい経過したところで太陽が顔をのぞかせました。体感温度も一気に上昇し、俄然苦しい展開に。
DSCN5831.JPG

しかし大会側もこの時期、暑くなることは想定内だったようで、エイドにはスポンジが
[6]次ページへ>>

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>


Amazonで本を購入する


カテゴリ
過去ログ

このブログのトップ
Seesaaブログ