名古屋ランニングジャーナル

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

青森~東京1,250kmを走破する大会が参加者募集中。
(名古屋RJ編集長 at 05/10 21:51)
日本国内の著名な超長距離レースといえば、ロードなら250kmの「さくら道国際ネイチャーラン」、トレイルなら415kmの「トランスジャパンアルプスレース」といったところでしょうか。しかしこの両レースを上回る、総距離1,250kmにもおよぶ大会が存在します。
1000km.jpg


大会名は「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2017」。その名前からお気づきかと思いますが、「リレー」なので青森~東京間を1人で走破するわけではありません。超長距離好きなヘ◯タイランナーのみなさん、期待させてすみません。
1000kmmuryou.jpg

大会趣旨は『青森から東京まで、東日本大震災の被災地をランニングと自転車でつなぐリレーを開催し、復興へ向けた取組等を発信することで、東日本大震災の記憶の風化を防ぐとともに、全国から集まる参加者と被災地の方々の絆を深める』こと。つまり競技ではなく、あくまでもチャリティファンランです。

全国の参加者約1,300名が15日間にわたってたすきをつなぎ、実質1,250kmを走破します。アンバサダーやゲストランナーも豪華で、高橋尚子さん、朝原宣治さん、伊調馨さん、有森裕子さん、国枝慎吾さんなど、20人以上のオリンピアン・パラリンピアンが集結。他にもアーティストやタレントが大会を盛り上げます。

この「未来への道 1000km縦断リレー2017」、参加費はなんと無料!ただし定員1,200名(1区間8~20人で走る)の狭き門につき、抽選に当たる必要があります。現在ランネットにてエントリー受付中。この夏のメインイベントにいかがでしょうか。

<温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が5月27日(土)開催!天然温泉入浴付きで1,500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

リンクnightrunnagoya2017.gifリンクwestin0508.gifリンクhakusan.gif

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>


Amazonで本を購入する


カテゴリ
過去ログ

このブログのトップ
Seesaaブログ