名古屋ランニングジャーナル

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>

あのスーパー銭湯がランナー向けプランを開始!
(名古屋RJ編集長 at 10/28 19:00)
[1/2ページ]
ランナーの中には、スーパー銭湯を拠点にランニングを楽しむ人が少なくありません。しかしながら「スーパー銭湯ラン」には問題点もあります。それは「荷物を預けて外出できない」こと。その大きな壁を打ち破る、じつに先見の明のあるスーパー銭湯が名古屋に現れました。
リンクjoghyoushi.jpg
ランナーのための「ジョグメイト」会員制度をスタートさせたのは、名古屋市南区にある
スーパー銭湯&健康ランド「湯~とぴあ宝」。読者の中には「スーパー銭湯を“ランステ"代わりに利用できたらいいのにな・・・」と考えていた人はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

それを実現してくれたのが「湯~とぴあ宝」というわけです。来館者が出たり入ったりするのはセキュリティに関わることから、これまでスーパー銭湯は自身の施設の“ランステ化"を敬遠する傾向にありました。(湯~とぴあ宝でも、もちろん一般来館者は荷物を預けて外出はできません)

そこで採用したのがメンバー制度。入会金は210円で、すぐにメンバーズカードが発行されます。フロントにカードを提示し、お好みのプランの入館料を支払いましょう。あとはコインロッカーに荷物を預け、思う存分ランニングを楽しむだけ!湯~とぴあに戻ってきたら、ふたたびカードを提示してロッカーキーを受け取り、入館するという流れです。

入館料のうちもっとも安いのは3時間プランの700円(土日祝の10~20時は受付不可なので注意)。もちろんこの3時間にはランニングの時間は含みません。あくまでもランから帰ってきて、入館する時点がスタートです。ですから荷物を預けて10時間LSDを敢行しても大丈夫です(閉館時間までには帰ってきてね)。

湯~とぴあ宝はよくある普通のスーパー銭湯とは大きく異なり、多彩な設備が揃っていて1日中過ごしていても飽きません。走って、風呂入って、飲んで、食べて、マッサージ受けて、映画見て、ゲームして、豪華なプライベートソファで爆睡するという、健康なのか不健康なのかわからない、まさにユートピアのような1日が過ごせるのです!

それはさておき、いくら“ランステ"機能を持ったからといっても、周辺に良いランニングコースがないことには話になりません。湯~とぴあ宝の場合、あるんですこれが!優れたランニングコースが。それはすでにご存じの方も多いと思いますが、以前名古屋RJでもご紹介した「大江川緑地」です。
ooeimage.jpg
東西に長いこの公園は、約1.7kmのフラットなコース(アスファルト)×2本とトレイルコースが走れる、ナゴヤエリアでは有数のランニングコースなんです。一方、のんびり散策ランを楽しみたいという方は、「笠寺観音」「見晴台遺跡」「中井用水緑道」方面がおすすめ。
kasaderaimage.jpg

名古屋RJがプロデュース&制作したランニングマップとウォーキングマップが、ジョグメイト募集ページからダウンロードできますのでご利用ください。
[6]次ページへ>>

コメント(0)
トラックバック(0)

<<[*]前の記事へ  [#]次の記事へ>>


Amazonで本を購入する


カテゴリ
過去ログ

このブログのトップ
Seesaaブログ