yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年02月07日

大阪マラソンへの影響は?姫路城マラソンが開催19日前に中止決断。

大阪国際女子マラソンと大阪ハーフが予定通り開催されたことで、春先までのマラソン大会にいい流れができた・・・と思った矢先「世界遺産姫路城マラソン2022」が中止を発表。今月27日に迫る、同じ関西の「大阪マラソン・びわ湖毎日マラソン統合大会」の行方に注目が集まっています。
511565656.jpg

続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月04日

オミクロンで大混乱!?東京マラソン2021の“運命の日”が2週間先送りに。

東京マラソン財団は「東京マラソン2021」の開催可否判断を12日後に先送りし、あわせて参加者全員にPCR検査を義務付ける措置を復活することを発表しました。
54654545.jpg
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月03日

3月開催をめざしていたナゴヤエリアのハーフ大会がオミクロンの猛威に屈する?!

1〜3月のナゴヤエリアのロードレースは、昨年の早い段階でほとんどの大会が中止を決定済み。そんな中、唯一(?)開催をめざしていた貴重な大会がオミクロンに翻弄されています。
0212125121.jpg
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月02日

先行き不透明な中「開催宣言」したマラソン大会。

先行きが読めない今のタイミングで「マラソン大会開催します!」とはなかなか言いにくい状況が続いています。初夏から秋にかけて開催予定の各大会は「開催可否をいつ決断するか」で喧々諤々の協議を重ねているのではないでしょうか。そんな中、とあるマラソン大会が「開催宣言」しました。
66565265.png
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月01日

前年より半数近く減少、愛知の最新ツキノワグマ目撃情報(令和3年版)。

レッドリストカテゴリーVU(絶滅危惧U類)にランクされているツキノワグマ。遭遇することは稀とはいえ、愛知県では毎年目撃情報が寄せられています。トレラン人気で山に入るランナーも多いと思いますが、これまで「たまたま出遭っていないだけ」であることを肝に銘じる必要があるでしょう。
6515146546.jpg
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月31日

にしおマラソン2022は感染症対策を強化して開催の方向。

3月6日に開催を予定しているにしおマラソン2022が、新たな追加感染症対策を発表。あわせて、2月14日に開催可否の最終判断を行うことも決定しました。
59959.JPG
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月26日

2〜4月のマラソン大会開催可否の流れを決めるのはあの大会!?

オミクロン株の感染者数が激増しているいま、沈黙を守る「大阪マラソン」と「東京マラソン」。その前に「大阪国際女子マラソン」の開催日(1月30日)も迫っています。
152152125.JPG
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月25日

春先までのレースは「季節外れの気候」に備えた心とウェアの準備を。

春先までのレースが次々と中止を発表していますが、今のところ開催の方向で動いている大会もあります。エントリーを済ませている場合、開催するものとして粛々と準備するしかありません。
68680_L.jpg
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月24日

新型コロナ下の健康二次被害を助長する「○○過ぎ」問題。

マラソン大会の相次ぐ中止でモチベーションを失い、週末は家の中に閉じこもりがち・・・そんなランナーも多いのではないでしょうか。そこで心配なのが、外出機会減少(=運動不足)による「新型コロナ 健康二次被害」。その原因と予防策をスポーツ庁がまとめていますのでご紹介します。
15565656.jpg
続きを読む  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月20日

ランニングのメリットを最大限に享受するために必要な5つのTips。

ランニングは心肺機能および代謝機能を強化・改善するために有効な解決策の一つです。ただし他のスポーツと同様、ケガのリスクがつきまといます。では、故障を避けつつランニングのメリットを最大限に享受するにはどうすればよいのでしょうか。
5154156415.jpg

その答えをインドの英語メディアが5つのTipsにまとめていましたので紹介します。

1.前かがみになりすぎず正しい姿勢で
正しい姿勢を維持することは、長時間同じ動作を繰り返す有酸素運動ではとくに重要です。ランニング中、腰が落ちて前かがみになるほどケガのリスクが高くなります。

背中が丸まり頭部が前方に突き出るいわゆる“おっさん走り”は、歩幅が小さくなるばかりか、体に余計な動きを強いる元凶です。

2.正しい方法でウォーミングアップ
ランニング前のウォーミングアップはケガを防ぐための必須かつ最初のステップです。上半身を安定させるために「片足エクステンション」「ヒールリフトスタンド」「後方ランジ」がおすすめ。

これらのエクササイズは、体幹と背中の筋肉を強化し、より良いバランスを身につけるのに役立ちます。

3.ゆっくりと走り始める
走ることにまだ慣れていないビギナーランナーが、いきなりハイスピードで走るとケガのリスクが高まります。そればかりかエネルギーを燃焼するスピードが早まるため、筋肉の収縮と心拍数も急激に上がることに。

ランニングを行う際はゆっくりペースで開始し、時間をかけてスピードを上げていきましょう。 5〜10分ほどのウォーミングアップがわりのジョギングは、血管を拡張してランニング中の血液と酸素の循環を改善することにも役立ちます。

4.ランニングとウォーキングを交互に行う
ランニングとウォーキングを交互に行うことで、体に適度な休息を与えながら運動を継続することが可能に。その結果、より長い距離を走る(歩く)ことができます。

疲労を感じる前にウォーキングに切り替え、体が落ち着いたら再びランニングに切り替えるようにしましょう。これからランニングを始めたいと考えている方は、2分間のジョギングと3分間のウォーキングを繰りかえす練習から始めてみてはいかがでしょうか。

5.正しい方法とタイミングでエネルギー補給する
適切なペースと正しい姿勢を維持することに加え、適切な栄養を摂取することも、ランニングのメリットを最大限享受するのに欠かせない要素です。

ランニングの前は消化を妨げる食品を避け、果物やトースト(単純な炭水化物の供給源)などを選びましょう。これらは体の中で簡単にブドウ糖に変換され、エネルギーとして細胞に吸収されます。

via:5 tips to get the most out of running and jogging without hurting yourself(TIMES NOW)

<お知らせ>
明日(21日)は終日取材のため更新を休みます。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif