nishio1206.gif

2007年02月27日

金沢と大分は○、世田谷区は△。

自転車は「車道(の左端)」を走らなければならない。残念ながらその大原則は守られておらず、我が物顔で歩道を暴走する輩が後を絶たない。もちろん車道通行の原則が分かっていても、「怖くて車道を走れない」という人も多いだろう。「怖さ」の一因としてあげられるのが、クルマを運転するドライバーのマナー違反だ。無意味な幅寄せやクラクションはいうまでもないが、とくに違法路上駐車は自転車にとって非常に危険。なぜなら「違法駐車=自転車の走路をふさぐ」ことに他ならないからだ。車両によって前方をふさがれた自転車は、一時的に歩道へのエスケープを余儀なくされる。歩道がない場合は、クルマのドアが急に開くことにも注意しつつ、車道中央寄りに大きくふくらんで違法車両をかわさなければならない。けっこう緊張を強いられるし、後続車両があれば待っていなければならない。

自転車が車道を走りにくいのは、何もクルマだけの責任じゃない。ヨーロッパの自転車先進諸国のように「車道上の自転車レーン(歩道上ではない)」がほとんど設けられていないのも、自転車を歩道へと押しやってしまう要因だろう。つまり“自転車行政”をほったらかしにしてきたツケが今、「自転車×歩行者」の事故増加となって現れてきたように思う。

しかし、最近はちょっと違う。まずは北國新聞24日付の記事から。『国土交通省金沢河川国道事務所は二十二日夜、バス専用レーン内に自転車を走らせる社会実験を行う金沢市東山、森山地区の国道159号で、「自転車走行指導帯」を示す場所を「灰桜(はいざくら)色」に塗り替える舗装工事を始めた』。さらに、『自転車走行指導帯を設定し、自転車を歩道から分離して、自転車と歩行者が接触する危険な状態を解消する』のだという。写真を見る限りでは「何のためのレーンなのか」理解できない人が出てきそうだ。事前の告知や現場での啓蒙が必要だと思うが、「車道上に自転車レーン」を作ったのは画期的なことである。ただ一つ気になるのは、これ、期間限定の自転車レーンだということ。もともと車道を走ることができるのに、なまじっか期間限定で自転車レーンを作ってしまったら、いざレーンが無くなったときに「もう車道を走れないのね」と誤解する人が出てきやしまいか・・・。まあ、それでも「よくやった」とエールをおくりたい。いいぞ、国土交通省金沢河川国道事務所!

つぎは東京。朝日新聞27日付記事より。世田谷区が『車道の一部に移動式のガードレールを設置、自転車専用のレーンを設ける』という。ガードレール・・・すごいじゃないの。これぞ理想の「車道上物理的分離」だ。ただし、『反対側には、歩道に専用レーンを作る』って、なんか煮え切らないなー。歩道上の自転車レーンは名古屋市内にもけっこう設けられているが、私は逆に危ないと感じる。なぜなら歩道上の自転車レーンを自転車「専用」レーンだと勘違いして爆走する者が多いからだ。さて、記事に戻る。読み進むと、ますます「なんか違う」感が漂い出す。『道路幅が狭い世田谷の場合、歩道に十分な専用帯を設けるのは難しい。このため車道の活用を試みることにした』という部分・・・。これでは、まず「歩道に自転車レーンを作る」ありきで、「やむを得ず車道」に作るという「今までどおり」のスタンスではないか。国土交通省金沢河川国道事務所にはエールを送ったけど、世田谷区は保留。ちなみに同記事中に掲載されている写真は大分市の社会実験の様子。車道上の両端に自転車レーンを「物理的」に分離している。これぞ本来の姿かも。
日本全国の自治体が金沢や大分市を見習い、歩行者もクルマも自転車も、安心して歩いたり走ったりできる道路環境整備に一日も早く着手してほしいものだ。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

またまた違法自転車摘発!

愛知県でまたまた自転車2人乗りが摘発された。先月31日の「2人乗り、史上初摘発」に続き、早くも二件目。前々から「自転車の違反は積極的に取り締まる」といいつつ、まったくそのそぶりを見せなかった警察だが、いよいよ本腰を入れはじめたということか。大歓迎である。ただ、同じ自転車に乗る者としては、2人乗りよりも「夜間の無灯火」と「一時不停止」をもっと積極的に取り締まってほしい。実感としてこの二つがいちばん危ないから。

自転車の運転マナーが悪いのは高校生を筆頭とした「大人」であり、いちばんマナーを遵守しているのは、じつは小学生だったりする。中には歩道を暴走する悪ガキもいるだろうが、少なくとも私は、小学生が自転車で信号無視するところを見たことがない。夜間のライトもおおむねしっかり点灯しているように思う。小学校での交通安全教育が徹底されている証拠だろう。思えば私が小学生の頃も、校庭の一隅に設けられた練習コースで自転車運転訓練を受けた記憶がある。学校独自で発行していた「自転車免許」が欲しくてたまらなかったなあ。

このように、昔も今も小学校では交通安全教育が行われており、自転車の運転マナーもしっかり覚えさせられる。・・・はずなのだが、どうやら中学、高校と進むにつれてマナーや規則の一切を忘れ去ってしまうようだ。そういえば、私も高校で自転車の運転マナーなんて教わらなかったような気がする。せめて自転車が立派な「車両」であること、なおかつ自転車での違反は「法律違反」であり、刑事罰の対象となることぐらいは教えておいてほしいものだ。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

二人乗りや無灯火は刑事罰に!

自転車で二人乗りをしていた若者が愛知県警に摘発された。自転車を運転していた17才の少年は、警察官の警告を無視したうえ、ピースサインをかまして逃げようとしたらしい。自転車はクルマのように「青切符」は適用されないから、摘発されれば「赤切符」が切られることになる。つまり、殺人や窃盗と同じく刑事事件の対象となる。今回は未成年なので保護観察処分か。「まさか自転車の二人乗りで保護観察になるなんて」と、後悔してもあとの祭りだ。
(そういえば某男性デュオ「Yず」の曲に「君を自転車の後ろにほにゃららら〜」ってのがあったけど、あれは私有地内での話だよね。うん、きっとそうだ)
hutarinori.jpg
このブログでもしばしば取り上げているが、自転車の運転マナーを守らない人が目に余る。とくに多いのが夜間の無灯火。とつぜん視界に入ってくる無灯火自転車に何度ドキッとさせられたことか。他にも、歩道上を我が物顔で疾走する者、携帯片手に運転する者、車道を逆送する者、一時停止箇所で止まらない者etc・・・。こうした人たちによって自転車の印象がますます悪くなっていくのがなんとも悔しい。自転車は車道の左端を走行するものであり、歩道については特別に認められた箇所のみ通行できる。いまだにそれすら知らない人もいる。「え、自転車って車道走っていいの?」みたいな。やむを得ず歩道を走る際は車道寄りをゆっくりと走行し、間違っても歩行者をベルでどかせることなどできない。

なぜこうも自転車が無法地帯になっているのか。それは「自転車の交通違反に対して赤切符しか適用できない」ことにつきると思う。前述のように、赤切符=刑事処分対象=前科になる可能性がある。このため現場の警察官は、その人の人生を左右しかねない「赤切符」をそう簡単に切ることができないのだ。だから、たとえ無灯火自転車や二人乗りを現認しても「注意」に終わってしまうことがほとんど。そんなわけで現状では、自転車の違反に対する罰則は無いに等しい。

なぜ自転車に「青切符」が適用できないのだろうか。自転車には1台1台に防犯登録が義務づけられているわけだから、もしも青切符で“気軽"にバシバシ摘発できれば、自転車のマナー向上はもちろん、盗難率もかなり低くなると思うのだが。

自転車と歩行者の接触事故は年々増加してている。自転車の運転者が中学生だろうと高校生だろうと、接触した相手が死傷した場合は何千万円もの賠償金を負担することになる。自転車は立派な「車両」だ。甘く見ると恐ろしい。

※ちなみに、ママとお子ちゃまの二人乗りについてはOK。道交法には「16歳以上の運転者が6歳未満の子供一人を幼児用座席に乗せている場合を除く」と明記されている。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

家計を助ける夢の方法。

人々が日常的に行っている「クルマでの移動」を延べ回数にすると、全国で1日いったい何回ぐらいになるのだろう。その「1回」の中には1000kmを超えるような長距離もあれば、わずか100mの移動も含まれているかもしれない。何百万回か、いや、何千万回か。一説によれば、「クルマで移動」のほとんどが「5分以内で行ける範囲」の移動なのだそうだ。距離にすればほんの2〜4kmといったところか。これは自転車なら余裕で移動可能な範囲だ。徒歩圏内といっても過言じゃない。こうした「クルマ(ガソリン)の無駄遣い」が毎日毎日繰り返されている。

自転車に乗る前の私は、「出かける=クルマに乗る」ことだった。ちょっとした買い物でも、ほぼ条件反射のようにクルマに乗っていた。今から考えると、なんとももったいないことをしていたように思う。ちなみに自転車での年間走行距離がこのたび4000kmを超えた。もしもクルマでこの距離を移動していた場合、ガソリン代が67,500円(リッター当たり8km・135円として)かかっていたことになる。仮に「5分以内のクルマの移動」を半数の人が自転車に切り替えれば、CO2削減目標なんてあっというまに達成してしまうだろう。

逆に今、クルマ依存生活を送っている人で「自転車に乗ってみようかな」と思っている人はチャンスだ。これまで無意識のうちにクルマを使っていた買い物などの用事にぜひ自転車を使ってみてほしい。きっと「なんだ、自転車でじゅうぶんじゃん」と思えるはずだから。ガソリン代は浮く、脂肪は燃やされ健康になる、余分な買い物はしなくなる(バッグの容量分しか運べないから)。一石三鳥だ。できればクロスバイク、マウンテンバイク、ロードバイクなどのスポーツ自転車を選ぶべき。というか、ママチャリとスポーツ自転車はまったく別の乗り物と考えた方がいいかもしれない。

ママチャリ、つまり軽快車にはピンからキリまであるので一概にはいえないが、ホームセンターなどで売っている1万円前後の商品は避けた方が無難。まず信じられないくらい重い。おおむね20kg以上あるため疲れやすく、行動範囲も狭くなる。さらには直立に近いその乗車姿勢により、体重がお尻一点に集中。これまた疲れやすくて腰を傷める。スポーツ自転車を敬遠する人はよく、「あんな前傾姿勢、腰が悪くなりそう」というが、これはまったく逆だ。スポーツ自転車は体重が「ハンドル(手・腕)」「サドル(お尻)」「ペダル(脚・足)」の3点に分散されるので非常に身体にやさしい。腰痛持ちの体力づくりとしてスポーツ自転車をすすめる医師がいるぐらいだ。(ただしスポーツ自転車は、漕ぐパワーのロスをなくすためにサドルが小さくて硬めに作ってあります。慣れないうちはお尻の痛みに耐えなければなりません)

スポーツ自転車として最低限の品質をキープした商品なら4万円前後からある。激安ママチャリが7千円で買えることを思えば高い気もするが、すぐに元が取れるからご安心を。ただし自転車を始めるなら春がいい。この季節は寒い(といっても走り出せばすぐに温まるが)ので、「自転車は寒くてツラい」という印象だけが残って乗らなくなってしまうからだ。春のうちにスポーツ自転車の楽しさを知ってしまえば、酷暑でも極寒でも気にならない・・・・たぶん。


寒い日の自転車走行に欠かせない耳当て。ジャスコで購入。
mimiate.jpg  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

歩行者・自転車・自動車すべてが不幸に。

自転車通勤のカリスマ、「自転車ツーキニスト」の命名者でもある疋田智さん(某TV局部長)のメルマガに興味深いことが書かれていた。いわく、「自転車が歩道を走るとクルマとの接触事故の危険性がより高まる」のだとか。歩道上で自転車と歩行者がぶつかるのは分かるが、「歩道を走っているのにクルマと衝突」する危険が増えるというのは一体どういうことか?

理由はこうだ。自転車は歩行者と異なり、その一定しないスピードも相まってクルマのドライバーから非常に認識しづらい。このため交差点内で出合い頭に衝突するケースが多発しているのだという。クルマで右折または左折する際、いきなりスーッと視界に入ってきた自転車にドキッとした経験は誰でもお持ちだろう。この交差点上での出合い頭事故を防ぐにはどうすればいいか。簡単である。はじめから自転車が、法律で義務づけられているように車道(左端)を走行すればいいのだ。自転車が車道を走行していれば、クルマのドライバーは自転車の存在を予め認識することができる。最初から存在が分かっている(視界に入っている)自転車にぶつかることは、故意や操作ミス(自転車・クルマ双方)でない限りあり得ないだろう。

疋田さんのメルマガによると、たとえばアメリカやカナダの公的機関が出している「自転車マニュアル」には、「自転車の歩道通行は、自転車とクルマの衝突事故の重要な原因です」とか、「歩道は歩行者のものです。歩道では自転車を押して歩きなさい。歩道を走行すると、クルマとの衝突や、クルマにはねられる可能性が高いのです」といった記述が多いという。当然、日本でも自転車が歩道を走行することの危険性は分かっているはず。だからこそ「自転車は車道を走る」ように法律で定められているわけだから。

しかし、先日このブログでも取り上げたように「自転車の歩道走行解禁」、すなわち「自転車の車道締めだし」法案が国会に提出されようとしている。このまえ私は「子供や危険なケース限定ならいいよね」みたいな話をしたが、疋田氏によるとそれは、まんまとお上の術中にはまってしまっている状態なのだという。氏いわく、まずは子供限定で自転車の歩道走行を解禁して既成事実をつくり、やがては「自転車全面車道走行禁止」へとつなげる魂胆が見え隠れしているのだとか。

歩行者、自転車、その両者にとって危険極まりなく、クルマのドライバーも加害者となるリスクの高い「自転車の歩道走行」。それでも法案を提出しようというのだから、なんらかの利益を得る人がいるんだろうなきっと。

●疋田智さんのメルマガはこちらから。リンク先のページ右下に「記事一覧」というカレンダーがあるので、12月1日号から読んでみてください。一連の流れがよく理解できます。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

ついに自転車が免許制に!?

自転車は車道(左端)を走らなければならない(例外的に走行が認められた歩道もある)。今回『自転車の歩道通行解禁へ 通常国会に道交法改正案』(東京新聞11月30日付)という記事の見出しを見たときは驚いた。ヨーロッパの自転車先進諸国のように、あくまでも「車道への自転車専用レーン整備」が大方の自転車乗りの理想であるため、車道から歩道へと自転車を追いやるような措置は、まさに「自転車行政」の大後退だと感じた。これでますます自転車×歩行者の事故が増加してしまうのではないか。と、ここまでは見出しだけをみた感想。で、本文を読んでみると・・・

どうやら自転車の歩道通行解禁は、『児童、幼児による運転や、交通量が多く車道が危険な場合』に限るとのこと。それならば納得だ。確かに小学生など判断力が未熟な場合、車道走行は危険な場合がある。たとえば違法路上駐車車両の右脇をすり抜けるとき、車体ぎりぎりに通過すると突然開いたドアに激突する恐れがある。この危険を回避するため、駐車車両からある程度距離をとって通過しなければならないのだが、あまりふくらみ過ぎると今度は後続のクルマと接触してしまう危険がある。こうした局面を瞬時に判断することは、小学生にとって少し荷が重いかもしれない。

ましてやクルマのドライバーに「自転車は車道の左端を走るもの」という意識が希薄なため(東京ではメッセンジャーの活躍により、クルマと自転車の共存が進んでいるらしい。うらやましい)、「自転車のために減速してやろう」「待ってやろう」と考える人は少ないのではないか。平気で路上駐車を犯す人の意識には、「自転車の走路をふさいでいる」という感覚など微塵もないのだろう。

一方、自転車に乗る側の無法ぶりも目に余る。無灯火、歩道暴走、ケータイ片手に運転、傘差し運転、車道の逆走などなど。記事には『警察と学校が協力し、従来の小学生を対象にした自転車安全教育を、自転車通学が多い中学生、高校生にも実施するよう求めた』とある。自転車マナー向上のためにも、これはぜひ徹底的に行ってもらいたい。というか、今まで中学・高校生に対して自転車安全教育を実施していなかったという事実に驚く。もっとも安全教育が必要な人たちを野放しにしていたわけだ。

さらに、『悪質で危険性が高い自転車の交通違反に対しては、警察が交通切符を適用し、積極的に摘発すべきだ』とも。まったくその通り! よくいった、警察庁(の自転車対策検討懇談会)! 自転車は立派な「車両」だ。現状では無灯火や片手運転などの悪質な違反に対してかなり甘い。現場のおまわりさんが摘発を躊躇しないよう、赤切符(起訴されれば前科になる恐れあり)に代わる法整備も必要だと思う。いっそ自転車も免許制にして、青切符が適用できるようにすればいい。未成年の違反金は親が支払うとか。とにかく、自転車大国への道はまだまだ険しそうだ。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

香嵐渓までサイクリング。

愛知県随一の紅葉の名所、香嵐渓(こうらんけい)に行ってきた。もちろん自転車で。名古屋市内の自宅から往復100km弱の行程だ。家を出たのは朝9時。40分ほどかけて長久手町内の合流地点に到着。メンバーはロード×1、MTB×4(スリック×2、ブロック×2)、クロス×1、ママチャリ×1というバラエティに富んだ陣容。
kyuukei01.jpg

香嵐渓までは「グリーンロード」と呼ばれる自動車専用道路に併走する歩道を走る(車道は自転車通行禁止。通行料は無料)。信号がなく歩行者も皆無なため走りやすい。途中、草ボーボーの道や自転車を背負っていかなければならい階段もあるが、おおむね快適。山の中を切り拓いてつくった道なので景色もすばらしい。アップダウンもそれほど激しくなく、あっというまにグリーンロード走破。あとは国道153号を4kmほど走ればゴールだ。

green01.JPG
「グリーンロード」だけに、ガードレールも当然グリーン。
kaidan.JPG

香嵐渓に到着したのはちょうどお昼どき。さっそく腹ごしらえだ。田楽、鮎の塩焼き、やまかけそばなどを食す。紅葉にはまだひと月ほど早く、木々は緑のまま。それでも観光客がたくさん訪れていた。昼食のあとは河原に移動してしばし休憩。
tsubodon.jpg

soba.jpg

kawara.jpg

しかしこの季節、暗くなるのは早い。そうゆっくりもしていられない。グリーンロード(の歩道)は夜になると真っ暗で、しかも何度も細いトンネルをくぐらなければならないため怖くて危険。だから明るいうちに走り抜ける必要があるのだ。だが、帰りのグリーンロードには全長3kmにもおよぶ上り坂地獄が待っている。往きよりも100倍キツい。こうなると集団で仲良く走るなんてことは不可能。各自のペースに任されることになる。

黙々とこぎ続けること30分、なんとか坂を上り切った。みんな揃うまでつかの間の休憩だ。一人、また一人と息を切らしながら上ってくる。ほどなく全員集合。さあ、再出発・・・と思ったものの、何かが足りない。そうだ、ママチャリがまだ来てない。車重20kgを超えるママチャリでは、この坂は相当キツいに違いない。それにしても遅いのでみんなの顔にちょっと不安の色が浮かぶ。すると、長い坂の遙か後方に豆粒のようなママチャリの姿を発見! 目を凝らしてよく見ると、ゆっくりだが動いてる。とりあえず生きているのを確認できたので到着を待たずに出発。

グリーンロードを抜け、万博記念公園にさしかかる頃にはすでに薄暗くなっていた。
yuuhi.jpg

ここから先は長久手町内を抜けて名古屋までの一本道を走るだけ。道も平坦なので走りやすい。その後、本山交差点(名古屋市内)あたりで解散。みんな疲れているので解散はあっさりしたものだ。全走行距離は90kmほど。100kmには到達しなかったが、じゅうぶん走りごたえはあった。優勝はママチャリのSさんに決定。

自宅に帰り「体重もさぞや落ちただろう」と体重計に乗ってみたら・・・なんと300g増えてる・・・。以前ハンガーノックの恐ろしさを身にしみて感じたので、今回はチョコレート菓子などを中心につねに何かを食べ続けていた。それが裏目に出たようだ。でも、楽しい一日だったのでよしとしよう。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

これからの季節は暑くてツライよ!

自転車通勤の私にとって、これからの季節は辛い。いや、寒いのは我慢できる。というか、ちょっと走ればすぐに体が温まってくるから平気。むしろこの「温まる」というのがクセモノだ。ときに温まりすぎて、真冬でも汗をかく。走行中は風の冷却効果もあって目立たないが、止まったとたんに顔や体から大量の汗が噴き出してくるのだ。だから帰りがけにコンビニやスーパーへも行きづらい。なぜなら冬の店内は当然のごとく暖房がきいており、汗をかくほど温まっている身には地獄も同然なのだ。まだ暑いだけならいい。「なにあの人、真冬なのに汗びっしょりでキモい」なんて思われてるかもしれないのが何より辛い。これはジョギングされている方にも当てはまると思う。しかし、ランナーならそれなりの格好をしているので、「あの人、真冬なのに汗びっしょり。でもジョギングの途中なら仕方ないか」と思ってもらえるのである。真冬なのに普通の服装で汗ダラダラの人を見かけたら、それは自転車通勤者かもしれない。不愉快でしょうが大目に見てやってください。  
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

雨の日の自転車。

自転車通勤者にとって雨天ほどユウウツなものはないだろう。よく見かける傘差し運転は、前傾姿勢を強いられるスポーツ自転車には不向きだ(それ以前に傘差し運転は違法行為)。そこで活躍するのがレインウェアだ。100円ショップで売っているお手軽なものから、数万円する高機能製品まで幅広い。通勤距離が長い人や、週末のロングライドなど幅広く活用したければ、やはりゴアテックス製のウェアがおすすめ。水の浸入を防ぎ、汗も素早く放出してくれる。

私の雨天時の自転車通勤スタイル。上半身は、Tシャツの上にゴアテックス製の薄手のレインウェアを着こんでばっちり防水。下半身は、撥水スプレーをたっぷりふりかけたトレーニングパンツを着用。足下はくるぶしまで隠れるトレッキングシューズ。顔に降りかかる雨粒はごくふつうのキャップをかぶるだけでかなり防ぐことができる。ゴアテックスの威力はすばらしく、会社に着いてからウェアを脱いでもいっさい体はぬれていない。汗で蒸れることもない。逆に下半身は撥水スプレーの効果もむなしくベットリ不快。いずれはパンツもゴアテックス製の商品を購入して“完全武装”を成し遂げたいものだ。
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

危険な放置自転車。

名古屋駅前の放置自転車台数が全国ワースト1だとは知らなかった。駅前のみならず、歩道上に放置された自転車は危険極まりない。名古屋の主要道路は幅が広く、そのぶん歩道もかなりゆったりしたつくりになっていて、歩行者優先レーンと自転車優先レーンに色分けしてあるケースが多い。しかしズラリと並んだ放置自転車が歩道の半分を完全にふさいでいるため、せっかくの自転車優先路を自転車自らがつぶしてしまっている状態だ。

昨年、京都を旅行したときのこと。秋の連休ということもあり、京都市内のホテルは軒並み満室だった。仕方なく、京都から電車で20分ぐらいの滋賀県大津市(琵琶湖のほとり)に宿を取ることにした。当日朝、ホテルに荷物だけ預けてレンタル自転車を借りた。JR大津駅まで自転車で行き、そこから電車で京都市内へと向かう計画だ。しかし、大津駅前に着いたはいいが、見事に自転車がとまっていない。放置自転車ゼロだ。「適当にどこかにとめていこう」と軽い考えでいたが、もしも放置したらかなり目立つことは間違いない。

自転車に乗っている人が少ないかというと、そういうわけでもないらしい。現に目の前をママチャリに乗った学生やお姉さんやお兄ちゃんやおばちゃんやおじさんたちが走りまくっている。いったい、みんなどこにとめているんだろう・・・と辺りを見回す。すると、「駐輪場」の看板が目に入った。近づいてみると、かなり規模の大きな施設だ。駅との距離もほんのわずか。料金を支払い、駐輪。これで心おきなく京都観光が楽しめる。

「努力次第でここまでできるんだな」と感心したものだ。放置自転車がまったくない駅前の風景は「お見事」のひとことだった。もちろん名古屋や大阪や東京と違って規模が小さいけれど、放置自転車ゼロを実現するのは容易ではないはずだ。

いま、放置されている自転車のほとんどがママチャリだ。その理由はズバリ、安いからだろう。たとえ盗まれても「ま、いっか」と思える値段だから長時間放置しても平気でいられるのかもしれない。その証拠に、最低でも15〜20万円はするロードバイクが放置してあるのをいまだかつて見たことがない。いっそママチャリが今の10倍ぐらいの値段になれば、一気に放置自転車が激減するかも!?


 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif