pc_aichiike.gif
pc_1101.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2008年02月22日

東京マラソン2008レポート4「EXPO」編

東京マラソン2008レポート1「スタート」編はこちら
東京マラソン2008レポート2「レース」編はこちら
東京マラソン2008レポート3「フィニッシュ」編はこちら
「東京マラソンEXPO」が、2月14・15・16の3日間にわたって行われました。
tokyo_matsuri_kanban.jpg

16日の土曜日は混雑が予想されたため、15日に有休を取り新幹線で東京入り。その足で選手受付&EXPO会場がある東京ビッグサイトへ向かいました。混雑を避けて平日を選んだとはいえ、人の少なさにちょっと拍子抜け。午前中だったのでなおさら少なかったのかもしれません。
expo_gate.jpg
tokyo_uketsuke.jpg
kajou_huniki.jpg

もっとも大きなスペースを割いていたのはASICS。公式スポンサーの中で唯一のスポーツメーカーですから、かなりの気合いが感じられました。
asics001.jpg
asics0002.jpg
asics0003.jpg
asics_talk.jpg

同じくメインスポンサーの大塚製薬はAmino-Value一色。クイズに答えるとレーシンググローブがもらえるキャンペーンを展開していました。ちなみにレースの給水の際に提供されたドリンクは、「アミノバリュー」よりも高級な「Wアミノバリュー」だったようです。だから何だといわれそうですが、こういったところに東京マラソンのスペシャルな一面を垣間見たような気がします。
amino002.jpg
amino001.jpg

異彩を放っていたのがadidas。東京マラソン2008開催に合わせ、「アディダス ランニング共和国」というプロモーションを立ち上げたようです。私も「国籍発行所」でパスポートを作ってもらい、おまけとして小銭入れのようなものをもらいました。
adidas0001.jpg
adidas0002.jpg
adidas0003.jpg

女性にターゲットをしぼった、かわいらしイメージのNew balanceのブース。ランスカをオシャレに着こなしたアテンダントたちが注目を集めていました。
new_balance.jpg

ランナー定番のブランド、MIZUNOももちろん出展。公式スポンサーの座はASICSに譲りましたが、ランナーの支持は根強いものがあります。
mizuno001.jpg

注目のNikeは、やはりナイキプラスを前面に押し出した展開。ちなみに東京マラソンでもナイキプラスを装着して走りました。とはいえイヤホンは付けずに計測のみの利用です。沿道からの大声援を音楽でかき消してしまうのはもったいないですから。
nike_booth002.jpg
nike_booth.jpg

じつはこのナイキブースでもらったあるグッズが、レースでめちゃくちゃ役にたちました。それがこれ。
nike_band.jpg
目標フィニッシュタイムに対する5kmごとのラップが書いてある(紙をはさんだ)バンドです。シンプルなデザインかつ柔らかな素材なので手首に巻いても違和感がありませんでした。つぎの長野マラソンでも使わせてもらうつもりです。

さて、ここからは駆け足で紹介していきましょう。

市民ランナー御用達雑誌「ランナーズ」。
runners.jpg

同じく「ランニングマガジン・クリール
(ベースボールマガジン社)
courir.jpg

ノースフェイスやチャンピオンなどの
スポーツブランドを展開するゴールドウイン。
northface.jpg

日本陸上競技連盟
rkuren.jpg

読売新聞
yomiurishimbun.jpg

ワコールは「CW-X」をアピール。
cw_x.jpg

TAIKAN」シューズのReebok。
Reebok.jpg

オールスポーツコミュニティ
allsports001.jpg

カリフォルニアレーズン。レース中に給食として50粒ぐらいいただきました。じつはこのブースは素通りするつもりだったのですが、レーズンくんがしきりに私に向かってポーズを決めてくるので撮影しました。ちなみにレーズンはマラソン中の給食に適していると思います。
reizunkun.jpg

ほんの一部ですが、展示ブースの紹介でした。

さて、15日(金)はたしかに混雑は少なかったのですが、有名人のゲストやイベントも少なめ。しかしそれを差し引いても、マラソンEXPOはじつに楽しいものでした。これだけの企業が一堂に揃い、ただ一つ「マラソン(ランニング)」というテーマにしぼってさまざまな趣向を凝らす。当然、日本では今のところ東京マラソンでしか体験できないイベントでしょう。

今や空前のランニングブーム(大げさかな)。ですから、マラソン大会の付随イベントではなく、「モーターショウ」や「ペット博」や「旅博」のように、ランニングイベントを単体で開催してもそこそこの集客が見込めるのではないでしょうか。どこかの大手広告代理店が音頭を取ってやってくれないかな。

4回にわたって連載してきました東京マラソン2008レポートも今回で終わりです。現場の興奮と楽しさが伝わりましたでしょうか。また来年も「東京マラソン2009」レポートをお届けするつもりです。当選すればですが。

東京マラソン2008レポート1「スタート」編
東京マラソン2008レポート2「レース」編
東京マラソン2008レポート3「フィニッシュ」編

人気のランニング&マラソンブログRankingはこちら!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(2) | TrackBack(0) | 東京マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。いつもレポートが楽しく読んでいます。自分のレースにも大変参考になっています。今年の東京マラソンが落選しましたが長野マラソンで自己ベストを目指して頑張りましょう。
ありがとうございました。
Posted by kida at 2008年02月23日 17:38
kidaさんコメントありがとうございます。大会レポートを楽しんでいただけてうれしいです。長野に出場されるんですか。満開の桜を眺めながら走るのは気持ちいいですよね。東京マラソンとはまた違う魅力のある大会ですから、いまから楽しみです。
Posted by INGBLOG at 2008年02月24日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger