yoko_okumikawa_tabiruun.png

2008年01月25日

自転車の無灯火や携帯片手運転は違法です。

jitensha001.jpg2007年6月に成立した「道路交通法の一部を改正する法律」により、自転車の通行ルールが一部改正されました(今年の6月までに施行予定)。基本的なルールはおおむね変わりませんが、それすら知らずに自転車に乗っている人がなんと多いことか。きたる法律の施行とあわせ、違法自転車への摘発はより厳しくなることが予想されます。たとえば歩道を歩いている歩行者のすぐ脇を猛スピードで駆け抜ける悪質な行為、これ、どのような罰が下ると思いますか?
 答えは「3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」。しかも最悪「前科」になる可能性も。たかが自転車とあなどるなかれ。歩道上で歩行者をはねて負傷または死亡させる事故が年々増えており、対歩行者事故は10年前の約4.8倍。何千万円もの賠償義務を負わされた例もけっして珍しくありません。ちなみに・・・

   ●通行可以外の「歩道走行」は「3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」
   (幼児など例外有)。
   ●夜間の「無灯火運転」は「5万円以下の罰金」。
   ●「酒気帯び運転」は「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」。
   ●2台以上で並んで走ったら「2万円以下の罰金又は科料」
   (並走可の標識がある道路を除く)。      
   ●交差点での一時停止・安全確認を怠ると
   「3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金」。

もちろん、最近もっとも問題になっている悪質極まりない「携帯片手の運転」や「傘さし運転」も、6月から厳しく取り締まりが行われます。

ここで重要なのは、自転車はクルマのように「青切符」は適用されないので、摘発されれば一般犯罪と同じように扱われること。すなわち「前科者」になる可能性があるのです。たとえ不起訴に終わっても、書類送検されたという事実は残ります。自転車は立派な車両。甘くみると大きなしっぺ返しを食らうことに。

とはいえ、ルールさえ守って乗っていれば、こんなに便利で爽快な乗り物はありません。一部の無法自転車乗りのために、自転車自体のイメージが悪くなるのは悲しいことですね。

【関連トピック(過去ログ)】
■家計を助ける夢の方法。
■傘さし運転は3ヶ月以下の懲役に!
■一気に動くか、自転車行政。
■悪質自転車一斉取り締まり始まる。
■自転車でひき逃げ。
■二人乗りや無灯火は刑事罰に!
■歩行者・自転車・自動車すべてが不幸に。
■ついに自転車が免許制に!?
■無灯火自転車がついに・・・!
■“自転車多国”日本の矛盾。
■自転車はイイ!

 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車でGO! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

自転車で歩行者はね書類送検−警視庁
Excerpt: 昨年11月、横断歩道を渡っていた女性○○(47)が、坂を下ってきた自転車にはねられ死亡する事故があった。警視庁渋谷署は、加害者を重過失致死の疑いで2008年2月18日書類送検した。
Weblog: 悠々バイシクルライド+{全車道に自転車専用レーン}
Tracked: 2008-02-20 00:01

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif