468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2007年12月07日

本当に最後! 東京マラソンに参加する3つの方法。

東京マラソンに参加する3つの方法、まず1つ目は大塚製薬のキャンペーンで出走権を当てること。これについてはこのブログでも何度か取り上げているので、コチラの過去ログを参照してほしい。2つ目は抽選でもコネでもなく、ある「条件」さえ整っていれば誰でも出場できる夢のような方法だ。

その「条件」とは、大会当日に満18歳以上(高校生は不可)の男子で、かつ平成19年度の日本陸上競技連盟登録者であること。この陸連登録は誰でも可能だから、かなりの人が条件を満たすことができるだろう。あとは来年1月10日までに開催されるいずれかの日本陸連公認レースで基準タイムを満たすだけ。たったこれだけで東京マラソン出場権ゲットにググッと近づく。気になる基準タイムは、フルマラソンで2時間30分以内、ハーフマラソンで1時間10分以内。確実に出場権を勝ち取りたいなら、2時間10分台は出したいところか。「ふざけんな、そんなタイムで走れるか!」という人には三つ目の方法がある。

それはボランティアで参加することだ。ランナーとして出走することはできないが、東京マラソンに参加することにかわりない。このボランティアは2次募集となり、定員は不明。しかもインターネットからの応募限定で早い者勝ち。エントリーは10日の朝10時から、東京マラソン2008オフィシャルサイトにて行われる。

キャンペーンで当てるか、実力で勝ち取るか、ボランティアで参加するか。いずれにしても、皆さんの幸運を祈ります。


 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京マラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif