468_60.jpg
aichiike_banner0.jpg
2_sanen2022 2.png

2022年09月20日

ナゴヤエリアの人気大会「小牧シティマラソン」復活!・・・だがしかし。

例年1月に行われる「新春春日井マラソン」「一宮タワーパークマラソン」「小牧シティマラソン」の尾張3大ロードレース(いずれも10km)。3大会のうち春日井と一宮は来年(2023年)の開催をいち早く予告していました。一方、これまで態度を明らかにしていなかった小牧シティがようやく3年ぶりの開催を発表。尾張3大ロードレースが久々に揃って実施されることになりそうです。
a7fcw8raef7cwe87f8.jpg

更新されたばかりの小牧シティマラソン公式Webサイトによると、第33回大会の開催は2023年1月22日。
r48ef84ve9s.png

メイン会場はこれまでと同じくパークアリーナ小牧で、種目も10km・5km・2kmジョギングと、コロナ前と同様のフルラインアップ。コースもこれまでと変わりません。

ただし、感染症防止対策として定員数が絞られます。10km800人・5km400人・2kmジョギング1,800人、計3,000人限定につき、参加希望の方は早めのエントリーをおすすめします。
10komaki_kaijou.jpg

感染症対策は他にも。まず、更衣室や待機場所などのスペースが設けれません。走る服装での来場を呼びかけています。

さらには、三密回避のため給水所の設置がありません。1月の寒い時季とはいえ、心配な人はマイボトルを携行するようにしましょう。今のところワクチン接種証明や陰性証明などの提示義務はありません。

・・・ここまで読んで「久しぶりに参加するぞ!」と期待された方、ごめんなさい。小牧シティマラソンは復活しますが、参加は小牧市在住・在勤・在学者のみ

コロナ前に完全に戻るのは、どうやら2024年以降までおあずけのようです。しかし、草の根の地域大会が市民限定とはいえ復活するのはうれしいこと。

ちなみに「新春春日井マラソン」と「いちのみやタワーパークマラソン」について開催は決定していますが、市民以外も参加できるかはわかりません。

<関連トピック>
春日井と一宮は開催決定!ナゴヤエリアの新春を彩る尾張3大ロードレースが復活。(2022.5)

第33回小牧シティマラソン

360_160.jpg
1_sanen2022.png
aichiike_banner0.jpg


 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif