468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年08月05日

強風対策でコースと開催時季を再検討中。第2回にしおマラソンはいつになる?

昨年の今頃は、愛知県初の市民マラソン「にしおマラソン」のエントリーが始まる直前ということで何かと盛り上がっていました。そんなこともあり、ここ最近は「にしおのエントリーっていつから?」といった質問をよくされます。
54646kkk.JPG

第1回大会に参加された方やFacebookページをチェックしている方はご存知のことと思いますが、第2回にしおマラソンは来年3月に開催されません

「え?中止!?」・・・というわけではありませんのでご安心を。大会事務局では第2回大会について、以下のように決定しました。

1.マラソンコースの再検討を行う
2.マラソンコースの再検討および反省事項の改善に時間を要するため、
次回大会は2023年3月ではなく2023年12月までに行う


1の「コースの再検討」は、季節的に海沿いの強風が予想以上に選手を苦しめたことが主因。ランネットの大会レポートを見てみると、ほとんどの選手が「風」について言及しています。

コメントの一部を拾ってみましょう。(RUNNET 大会レポートより)

・あまりに風が強くて到底走るどころか歩くのも辛い

・台風並みの強風に走るのが嫌になる程きつかった

・強風で息が吸えない感覚には驚きました

・想像を絶する暴風に後半はボロボロでした

・暴風が無ければ最高だったのですが

・15キロ過ぎからは向かい風との戦いでした

・向かい風や横風を受けながら走る厳しい条件

・海岸沿いに入ると歩くのもままならぬほどの風・風・風

・30キロからの約10キロは強烈な風に苦戦

・経験したことのない爆風の中のフルマラソンは大変でした


・・・と、こんな感じのコメントが並び、読んでいるだけで吹き飛ばされそう。もはやこのレベルになると主催者も無視できず、コースの再検討を余儀なくされたというわけです。

選手の声で多かったのが、「コースを逆周りにしては?」ということ。海沿いを走ることがウリの一つで外せないのであれば、それも一案ではないでしょうか。しかし追い風になるとはいえ「爆風」レベルなので、ペースの維持が困難かもしれませんね。

現実的なのは開催シーズンをずらすこと。実際、問題の堤防コースを5月に試走したことがありますが、まったくの無風でした。一年中強風が吹いているわけではないので、開催時季を変えるだけで解決するかもしれません。
778frerf.JPG

少なくとも「2023年12月までに行う」と明言していますので、開催月など詳細が発表されるのはもうすぐなのではないでしょうか。

360_160.jpg
1_sanen2022.png

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif