2_sanen2022 2.png

2022年07月14日

日焼けや熱中症のリスク低減!夏の雨の日は絶好のランニング日和。

梅雨明け宣言とともにやってきた梅雨のような天候。なんとも皮肉な話で、明後日からの三連休も全国的にぐずつきそう。お出かけ予定を急遽取りやめた人も多いのではないでしょうか。じつはこんな夏の雨の日は、むしろランニングにベストなコンディションであるともいえます。
44494yhbybu.jpg

焼けるような強い日射しがない。天然のシャワーを浴びながら走れる。熱中症のリスクも低減。これ、夏のランニングには最高の環境です。炎天下のランニングのほうが、危険度ははるかに高いでしょう。

どうせ汗でビショ濡れになるわけですから、雨に濡れたところで問題はありません。「雨粒が顔にふりかかるのが鬱陶しい」という方は、キャップをかぶるだけで解決します。
kivbfidjbfio.jpg

ただし雨中ランする場合はいくつか注意点があります。それは、できるだけ立ち止まらず「走り続ける」こと、帰宅後スグに「温かなお風呂に入れる」準備をしておくこと、ラン後は「シューズからインソールを取り出して乾かしておく」ことなどです。

その他、雨の日はクルマのドライバーからランナーが見えにくくなるため、交差点などではより一層の注意が必要です。もし河川敷など開けた場所を走ってる際に雷が鳴ったら、速やかにその場を離れて建物に身を寄せることも大切。雨量によっては河川敷を避けるなどコース選びにも気を配りましょう。
viseivesveiru.jpg

さて、なぜ雨の日に走らない人が多いかというと、それはきっと「雨の日は走らないもの」という先入観にとらわれているからのような気がします。

いちど雨の日に走ってみてください。最初は雨粒が気になりますが、すぐ慣れます。雨脚が強まれば強まるほど気分が高揚して、ランナーズハイに似た状態にもなれるでしょう。

「3連休は天気が悪くて出かけられないな」と思ってる人は、爽快な雨中ランを試してみてください。

<お知らせ>
明日(15日)は終日取材のため更新を休みます。
 
posted by 株式会社イング | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを更新!詳しくはこちらをご覧ください。

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif