468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年05月31日

今日は世界禁煙デー!受動喫煙から身を守って健やかなランニングライフを。

本日5月31日は何の日かご存知ですか?そう、世界禁煙デー。喫煙ががんのみならず慢性気管支炎、心筋梗塞、狭心症、脳卒中などのリスクを高めることはよく知られた事実。“心肺が命”のランナーにとって、もっとも忌むべき存在がタバコ(喫煙者)だといえるでしょう。
202020202555.jpg

健康うんぬん以前に、喫煙者は息が臭い、服が臭い、身体が臭い、とにかく臭い。しかも自分で気づいていない。ランイベントやマラソン大会のあと「居酒屋で打ち上げ」というパターンも多いと思いますが、そんなとき、となりのテーブルからタバコ臭が漂ってきたら楽しいひとときも一気にさめてしまいます。

これまで喫煙者天国だった日本は2020年4月1日、改正健康増進法を施行。ようやく飲食店(屋内)が原則禁煙となりました。
321021356.png

いくぶん過ごしやすくなったものの、いまだに路上喫煙する輩やコンビニ前の灰皿に群がる喫煙者を当たり前のように見かけます。

国立がん研究センターによると、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍で、科学的根拠に基づく肺がんのリスクは「確実」という評価。

市民ランナーでタバコを嗜む人はごく少数派だと思いますが、「私は吸わないから」といって油断でいないことが改めて浮き彫りとなりました。

厚生労働省は、喫煙習慣により空気の通り道である気道や肺自体へ影響を及ぼし、運動時の息切れ・呼吸困難などの症状を呈する危険性があると警鐘を鳴らします。

ランニングは、レベルにかかわらず常に突然死のリスクにさらされるスポーツ。ただでさえ心筋梗塞などの危険が伴うのに、わざわざタバコを吸うことは、まさに自殺行為といっても過言ではありません。非喫煙者でも残念ながら日常生活において受動喫煙のリスクがつきまといます。

たまに喫煙者が「多くの税金を収めて社会に貢献している」と言いますが、タバコの税収(約2兆円)をはるかに上回る経済的負担(約5兆円)を社会に強いていることは意外と知られていない事実。
32251566.jpg

日本でも即刻、イギリスのように医師会などが中心となってタバコの生産・販売停止を呼びかけてほしいものです。

喫煙を許容するほうが経済損失が大きい(東洋経済)


 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif