pc_aichiike.gif
pc_1101.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2007年07月20日

Bクラスぐらいがちょうどいい!?

マンションなどを購入したり借りたりする場合、物件自体の良し悪しもさることながら、その「周辺環境」も重要な選定条件の一つとなる。たまに分譲マンションの販促ツール(パンフレットなど)制作の仕事を請け負うことがあるが、まず最初に行うのが建設予定地に足を運んで周辺環境を調べること。

実際に現地を歩き回りながら「ここにバス停がある、あそこに小学校がある」と、周辺施設の所在を一つひとつ地道に調べてまわるのだ。コンビニや駅などの施設が徒歩圏内に充実していると「周辺環境が良い立地」といえ、大きなアピールポイントとなる。

ただし気をつけたいのが「公園」だ。一見、公園がすぐ近くにあるなんて素晴らしいロケーションだと思うかもしれないが、これがけっこう問題。その問題とはズバリ「夏場の花火」だ。入れ替わり立ち替わりパンパン。毎日明け方までパンパン。だから「公園を見下ろす閑静な地」なんてマンションは、音に敏感な人は避けた方が無難。とくに、大きな公園があるということは、どちらかというと郊外の緑豊かな環境の場合が多い。もともとが静かな土地だから、夜中の花火音は余計にうるさく感じるのだ。

実際に現地に足を運ばないままマンションを買ったり借りたりする人は少ないと思うが、中には遠方への急な転勤で「引っ越し当日に初めて現地を訪れる」というケースもあるだろう。そのような場合、昔なら住宅地図で現地の様子を想像するしか術がなかったが、今では「Google Maps(Google Earth)」の衛星写真で実際の街並の雰囲気を見たり、「キョリ測」で気軽に周辺施設への距離を測ったりできるから便利になったものだ。

さらには先月、こんなサイトが登場した。その名は「住所パワー」。調べたい住所を入力すると、その住所が持つ“パワー”をポイントで表し、1.5km圏内に存在する各種施設数を教えてくれるというスグレモノだ。


試しにイングの住所を入力してみる。
juusho001.jpg



結果は2099ポイント。「Bクラス」。微妙。
juusho002.jpg



施設の分布はこんなかんじ。
juusho003.jpg
コンビニ、飲食店、銀行、書店、駅はもちろん、ラブホテルや風俗なんて項目もある。


つぎに地価22年連続日本一の「東京都中央区銀座5丁目」を調べてみる。すると・・・
ginza001.jpg
5224ポイントで「SSクラス」。さすがだ。


では、日本一人口が少ない「高知県土佐郡大川村」のパワーはいかほどか。
ookawamura.jpg
「ド田舎クラス」とは失礼な。


まあ、いわゆるジョークサイトの一種なので、その土地が持つある程度のイメージをつかむことができれば上出来だろう。結果にいちいち目くじらをたてることもない。さて、あなたの住まいは何クラス?
 
posted by 名古屋RJ編集長 | Comment(0) | TrackBack(0) |     | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger