yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年02月15日

コースが恐竜の形!?ふくい桜マラソンの開催日が2024年3月31日に決定。

2024年春(北陸新幹線福井・敦賀開業後の春季)の開催をめざす「ふくい桜マラソン」がコース案や開催概要を発表。福井県初開催となる市民フルマラソンの号砲に向け、着々と準備が進んでいます。
87878787.jpg

「ふくい桜マラソン」の競技種目はフルマラソン、5kmファンラン、1kmユニバーサルランに加え、ユニークなのが2人1組で走るペアリレーマラソン(100組200人)です。

フルマラソンを約20kmずつ(均等に半分ではない)走る種目で、JR北陸線の森田駅付近がバトンタッチ地点になるもよう。5kmじゃ物足りないけど、フルはちょっと・・・という方にはおすすめです。

その他、発表された大会概要によると、開催予定日は2024年3月31日。フルの定員は13,000人(全種目計15,000人)、制限時間は7時間です。
84848488.png

ただし、新幹線開業に合わせて開催するのがこの大会の至上命題なので、仮に何らかの理由で開業が遅れた場合、ふくい桜マラソンも延期される可能性が高いです。

コースは「JR福井駅西口付近を発着点に、桜の名所や新幹線と並走できる橋を巡るコースで、上空から見ると恐竜の形にする計画」(福井新聞)だそう。
5614561515.png
(C)株式会社福井新聞社

さて、再来年の春ならさすがにコロナの影響はない・・・と願いたいですね。ちなみに、地理的に近いことから名古屋から参加するランナーも多いと思いますが、少しだけ残念なニュースも。

それは、北陸新幹線金沢―敦賀間開業に伴い、特急しらさぎが敦賀止まりになってしまうこと。名古屋から乗り換え無しで福井にアクセスできる便利さが消え、名古屋ランナーにはかえって不便になってしまうかも。

ともあれ、新たにスタートする大会のチャレンジを見守りたいと思います。  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif