yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年02月02日

先行き不透明な中「開催宣言」したマラソン大会。

先行きが読めない今のタイミングで「マラソン大会開催します!」とはなかなか言いにくい状況が続いています。初夏から秋にかけて開催予定の各大会は「開催可否をいつ決断するか」で喧々諤々の協議を重ねているのではないでしょうか。そんな中、とあるマラソン大会が「開催宣言」しました。
66565265.png

3年ぶりの開催を宣言したのは、宮城県石巻市で行われる「いしのまき復興マラソン」。

前回、前々回と開催をめざしたものの、新型コロナの猛威に勝てず断念。コロナ禍のなか今回が3度めのチャレンジとなります。

種目はハーフ・10km・3km・2kmの4部門で、定員は2,500名と例年の半数ほどに。

いしのまき復興マラソンは2015年に始まった若い大会で、東日本大震災の被災地をコースに組み込んでいます。

今回は海岸ルート中心のコースにリニューアル。過去に走ったことがある人も、新鮮な気持ちで参加することができそう。

はたして今年の6月はどのような状況になっているのでしょうか。コロナが過去のものになっているのか、はたまた新たな脅威が襲来しているのか・・・。

エントリーは3月1日から。ハーフマラソンなので気軽に参加できるのもいいですね。

いしのまき復興マラソン公式Webサイト  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif