nishio1206.gif

2021年12月14日

ナゴヤからもっとも近いウルトラマラソンが3年ぶりの開催を宣言。

名古屋からもっとも近い本格ウルトラマラソン「飛騨高山ウルトラマラソン」。昨年、今年と2年連続で中止に追い込まれましたが、次回第10回大会は2022年6月12日の開催をめざして動きはじめました。
aaahidatakayama001-5dff4.jpg

大会Webサイトの更新やエントリー開始は来年1月中旬以降とのことで詳細は未定。ただ、ひとまずは開催決定ということで高山ウルトラファンはホッとしているのではないでしょうか。
aaa2016-06-122016.05.34-b1bdb.jpg

さて、10年前はウルトラマラソンの開催がほとんどなかった東海地方。2012年に「飛騨高山ウルトラマラソン」が初開催され、次回で10回目を迎える今は「ナゴヤエリアのウルトラ」としてすっかり定着。
aaaDSCN4389-f04c4.JPG

名古屋からも特急(ワイドビューひだ)または高速バス一本で行けるアクセスの良さも大きな魅力。ちなみに高速バスは往復で5,140円(片道2,980円)、所要時間は2時間35分です。
aaatakayama0003.jpg

まさにナゴヤエリアでは貴重かつ手軽に出かけられる“準地元”開催のウルトラ、それが「飛騨高山ウルトラマラソン」なのです。
aaa7_taka2017-0bfa4.JPG
aaa2_taka2017-eb1db.JPG

日本有数の観光地だけにビフォー&アフターランの楽しみにも事欠きません。走った後は温泉と地元の幸でゆったり楽しむのも素敵です。
aaatakayama0002.jpg
aaatakayama0001.jpg

「いきなり100kmはちょっと・・・」という方には、(次回の種目に入るかわかりませんが)ちょっと短めの71kmの部はいかがでしょうか。

あたたかいおもてなしはウルトラデビュー戦にもおすすめ。締め切りを待たずして定員いっぱいになる可能性もあるので、まずはWebサイトの更新を待ちましょう。
aaatakayama0004.jpg

ちなみに私は飛騨高山ルトラマラマラソンに出場したことはありませんが、応援には何度か行きました。クルマで移動しながらの応援がしやすいのも、ウルトラマラソンのもう一つの楽しみでもあります。

<関連トピック>
「飛騨高山ウルトラマラソン」を観戦&応援ラン2017。
「飛騨高山ウルトラマラソン」を観戦&応援ラン2016。
知らない町を走ってみたいvol.6【飛騨高山】。

飛騨高山ウルトラマラソン公式Webサイト
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif