trial_banner_2.jpg
21sawayaka1.jpg
nishio2-1.gif

2021年10月07日

計400名当選!東京マラソン2023出走権が当たるバーチャルランイベント開催。

緊急事態宣言が解除され、新型コロナ新規感染者数も激減。このような状況下でも意外とお祭り騒ぎにならないのは、いずれ押し寄せてくるかもしれない第6波に対する警戒心の現れではないでしょうか。
002157.jpg

マラソン大会も今年・来年は恐る恐る様子を見ながらの開催にとどまり、コロナ以前の通常に近いカタチでマラソン大会が開催されるのは再来年、2023年以降になる気がします。

ということで、再来年には完全なカタチでマラソン大会が戻ってくる!と信じて参加したいのが、東京マラソン2023出走権が当たる「RUN as ONE - GLOBAL Virtual Run Series 2021/2022 2nd Challenge 」です。
5898.png

ASICSのランニングアプリRunkeeperを使用し、10月23日(土)7:00〜29日(金)17:00までに、1アクティビティ・1回の計測での走行距離、または複数回での累積走行距離が21.0975q以上になるように走るのがルール。

参加料は1500円で、当選数は50名。ただし参加賞はありませんので、ぶっちゃけ1500円=「東京マラソン出走権プレゼントキャンペーンへの参加料」なわけですが、高いか安いかは個人の価値観に左右されるでしょう。

エントリーは受付中で10月11日まで。なお、RUN as ONE - GLOBAL Virtual Run Seriesは全8回開催(1stチャレンジは終了)。全大会に参加すれば、それだけ東京マラソン出走権当選の確率も上がります。1回出場するごとに1500円かかりますが。

RUN as ONE - GLOBAL Virtual Run Series

kijishita_trial.jpg
21sawayaka3.jpg
nishio2--2.png

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif