2021年04月06日

桜の季節はまだまだ続く!これからお花見ランを楽しむなら名古屋近郊のあの村へ。

名古屋市内の桜はほぼ見頃を終えてしまいました。しかし場所を移せばまだまだゴールデンウィークまでお花見ランが楽しめます。本日は、これから桜のシーズンを迎えるあの村をご紹介します。
urugigassyuku_16-5bc1e.jpg

信州最南端の村、売木村。「走る村うるぎ」として、全国から多くのランナーが合宿や旅ランで訪れます。
urugi_83.jpg

クルマで約2時間と比較的近いこともあり、訪れたことのある名古屋のランナーは多いのではないでしょうか。
urugigassyuku_14.JPG
1264758_574813745918341_317330656_o-71ef0.jpg

売木村公式サイトによると、「これから4月中旬〜下旬にかけ、一本桜が次々と咲き、ゴールデンウィークには春真っ盛り」とのこと。
runnersakura.jpg

標高800m〜1200mの準高地という環境に加え、おいしいごはんや温泉(こまどりの湯)などの魅力も充実しています。
urugigassyuku_19.jpg
urugi_123.JPG

村内には8つのランニングコースが設定されているほか、2018年にオープンした売木村陸上競技場(400トラック)は1回150円で利用できます。
graund1.jpg

まだまだお花見ランを楽しみたい方、自然の中を爽快に走りたい方、走る村@売木村でランニング三昧の一日はいかがでしょうか。

売木村公式Webサイト  
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif