2021年04月02日

名古屋ランニングコースガイドvol.124「常滑やきもの散歩道 みちくさラン」。

愛知県常滑市を走ってきました。常滑といえば中部国際空港(セントレア)がある町として有名(?)ですが、瀬戸市と並ぶ焼き物の一大産地としても全国にその名を馳せています。今回はコストコやイオンがある「りんくう」地区ではなく、「やきもの散歩道」を中心に昔ながらの町並みを散策ランしました。
IMG_5179.JPG

スタート地点は名鉄「常滑」駅。少し上り坂になっている「とこなめ招き猫通り」を東へ進みます。
IMG_5165.JPG

さまざまなタイプの招き猫がこれでもかとお出迎え。
IMG_5181.JPG
IMG_5176.JPG
IMG_5177.JPG
IMG_5175.JPG

そう、常滑は招き猫の国内シェア80%。日本有数の「猫推し」の町でもあるため、猫好きランナーにはたまらない場所といえるでしょう。
IMG_5187.JPG
IMG_5198.JPG

ほどなくして「やきもの散歩道」の入り口に到達。
IMG_5188.JPG

細い路地や煙突のある風景など、見ていて飽きません。
IMG_5191.JPG
IMG_5258.JPG

いたるところにギャラリーやお店があり、いちいち立ち寄りたくなるためなかなかランニングにならないのがタマニキズ。
IMG_5377.JPG
IMG_5288.JPG
IMG_5192.JPG


江戸〜明治時代にかけて廻船業を営んでいた瀧田家住宅。200円で見学することができます。
IMG_5214.JPG
IMG_5206.JPG
IMG_5219.JPG
IMG_5225.JPG

他にも風情ある「土管坂」や国指定重要文化財の「陶榮窯」など、やきもの散歩道には見どこがたくさん。
IMG_5294.JPG
IMG_5309.JPG
IMG_5275.JPG

本物の猫ちゃんも。
IMG_5297.JPG

やきもの散歩道エリアを離れ、つぎは1kmほど走って「INAXライブミュージアム」へ。
IMG_5353.JPG

こちらの施設は「世界のタイル博物館」「窯のある広場・資料館」「土・どろんこ館」など6つの施設から構成されるやきもののテーマパークです。じっくり見学・体験すると90分〜2時間ほどかかります。
IMG_5355.JPG
IMG_5347.JPG

おなかが空いたので、博物館に併設するレストランでピザをいただきました。
IMG_5351.JPG

少し休憩した後、常滑駅へ戻ります。帰路は違う道を走ったのですが、ここ(陶器彫刻のある散歩道)にも招き猫がずらり。猫推し、徹底しています。
IMG_5356.JPG

今回の常滑散策ランは、距離にしたら10kmも走っていません。にもかかわらず中身が濃すぎて、朝から夕方までかかりました。

ちなみに常滑散策ランをより楽しむため、映画『泣きたい私は猫をかぶる』(Netflix)を観て予習されることをおすすめします。アニメですが、実際の景観を忠実に再現しています。
6514566666.jpg



とこなめ観光協会


 
posted by 名古屋RJ編集長 | 名古屋RUNコースガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif