2021年01月25日

航空自衛隊基地内の滑走路を走るマラソン大会が復活!だがしかし…

2017年、一回限りの特別コースという触れ込みで開催された「かかみがはらシティマラソン」。航空自衛隊岐阜基地の滑走路を走れるとあって人気を集めました。そして2021年大会において、同大会が基地内滑走路コースを復活し話題となっています。
0020202055.jpg
Copyright c JASDF. All Rights Reserved.

基地の中を走るマラソン大会といえば、横田基地(東京)で開催されるフロストバイトロードレース」や「舞鶴赤れんがハーフマラソン」(海上自衛隊)などが有名。

普段は立ち入ることができない場所を走るのはさぞや気持ちいいはず。そんな希少ともいえる「基地マラソン」が、ナゴヤエリアで復活。3月7日開催予定の「かかみがはらシティマラソン2021」(岐阜県各務原市)です。

メインコースは航空自衛隊岐阜基地内の滑走路。ちなみにフロストバイトは滑走路自体は走りませんので、全国的に見ても非常に貴重な機会といえるでしょう。
65156456456.jpg

ただし・・・新型コロナ感染拡大防止の観点から規模が大幅に縮小(定員1,600人)されるうえ、参加は各務原市内在住者限定。まあ、仕方ないですね。各務原市のランナーがうらやましい!

かかみがはらシティマラソン2021の詳細はこちら

b-mon02.jpg
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif