top_sawayaka2020.gif
worker.gif

2020年09月14日

新型コロナの影響で減少、今夏(7・8月)の山岳遭難状況が判明。

警察庁より今夏(2020年7〜8月)の山岳遭難発生状況が発表されました。資料によると全国の遭難発生件数は前年より136件少ない470件、遭難者数541人(前年比-128人)で、過去5年間でもっとも少ない結果となりました。新型コロナ禍の影響で登山者自体が減少したことも一因だと思われます。
466565465.jpg
遭難原因でもっとも多かったのは「道迷い」の163人。次いで「転倒」の97人、「その他(転落、動物襲撃等)」83人、「滑落」73人、「病気」71人、「疲労」54人でした。
4949999.png

「道迷い」が多いのは、登山・トレッキングブームにより、読図技術に乏しい初心者が準備不足のまま山に入る機会が増えた影響なのでしょうか。
687498489.jpg

単独で入山し、ケガなどで身動きできなくなり進退窮まったというケースもあるでしょう。軽いねんざにもかかわらずペースダウンを余儀なくされて下山が遅れ日没を迎えてしまった、なんて話も聞きます。

これらはむしろ身近な里山のほうがあてはまるかもしれません。なぜならこうした(地元民しか知らないような)山は、丸一日歩いて(走って)いても人に会うケースが極端に少ないからです。
0101615561.jpg

いつも走っている近所の低山だからと単独・軽装で走りに出かける→足を滑らせてケガを負い身動きがとれなくなる→運悪くケータイ電波の圏外→誰も通りかからないまま日没→低体温症で絶体絶命・・・これからの季節、そんなケースに陥らない保証はありません。

とくにトレイルランニングはどうしても軽装とならざるを得ないため、上記のように万が一の状態に陥った場合のリスクがつきまといます。

低山でも起こり得るこうしたリスクを回避するため、警察庁では以下の山岳遭難防止対策を呼びかけています。

●登山計画の作成
気象条件、体力、体調、登山の経験等に見合った山を選択し、登山コース、日程、十分な装備、食料等に配意し、余裕のある安全な登山計画を立てる。計画を立てるときは、滑落等の危険箇所を事前に把握する。単独登山はできるだけ避け、信頼できるリーダーを中心とした複数人による登山に努める。
●登山計画書の提出
作成した登山計画書は、家庭や職場、登山口の登山届ポストなどに提出しておく。
●道迷い防止
地図、コンパス等を有効に活用して、常に、自分の位置を確認するよう心掛ける。
●滑落・転落防止
滑りにくい登山靴、ストック等の装備を有効に使用するとともに、気を緩めることなく常に慎重な行動を心掛ける。
●的確な状況判断
視界不良・体調不良時等には、道迷い、滑落等のおそれがあることから、状況を的確に判断して早めに登山を中止するよう努める。

ちなみに東海3県では遭難者32名(愛知9人・岐阜12人・三重11人)のうち、残念ながら2名の方が生還できませんでした。
489498.jpg

■数値データ、図表は警察庁ホームページ「令和2年夏期における山岳遭難の概況」より引用。

side_sawayaka2020.gif
worker.gif
waork_side.gif
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif