worker.gif
castle_2007.gif

2020年06月29日

自治体主催フル再開第1号!?あの人気大会が予定通り10月の開催をめざす。

今秋開催予定だった自治体主催のマラソン大会が軒並み中止を発表してるのは周知の通り。年内どころか年明けの大会も厳しいのでは、という空気のなか、予定どおり10月の開催をめざしている人気大会があります。
112917_l.jpg

その大会とは沖縄の離島、伊平屋島で行われる「第26回伊平屋ムーンライトマラソン」(フルおよびハーフ)。午後3時にスタートし、満点の星空のもとフィニッシュを迎えるナイトマラソンの先駆けで、根強い人気を誇っています。
26moon.jpg

開催日は今年10月31日。定員1,000名と比較的小規模な点も、他の市民マラソンに比べて開催しやすい条件が整っているといえるのかもしれません。民間主催では、同規模の大会はすでに再開しています。

報道によると、今月24日に村長自らPRに訪れ「島の活性化にも寄与する大きな大会。今年は開催も10月末なのでランナーもとても走りやすい」(琉球新報)と参加を呼びかけたといいます。

ただし、8月6日に大会実行委員会を開き、新型コロナの感染状況を踏まえて開催可否の最終判断を行うとのこと。

さらには今回だけの特別措置として、仮に8月6日の時点で中止となった場合、参加料は返金するということです。

ムーンライトマラソンファンながら中止リスクを恐れてエントリーを躊躇していた方は、これで心置きなく申し込めるのではないでしょうか。

10月の開催が実現すれば、小規模とはいえ自治体主催フルマラソンとして再開第1号になるかもしれません。固唾を呑んで見守りたいと思います。

■第26回伊平屋ムーンライトマラソンの詳細はこちら

worker.gif
castle_0520.jpg
highalti190701.gif
waork_side.gif
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif