worker.gif
castle_0605.gif
highalti190701.gif

2020年05月13日

汗をかいて強くなる!「汗腺強化」で熱中症予防。

長期にわたるステイホームで外出機会が減り、運動不足のまま夏を迎えることで熱中症にかかりやすくなることが危惧されています。ランナーの皆さんは普段から走っているため、一般の方に比べたら準備はできていると思いますが、暑さに慣れるまで過信は禁物です。
54604646.jpg

さて、これからの季節、ランニング時に気になるのが「汗」。30分も走ればあっという間にシャツはびしょ濡れ。ただ、体中の汗をぜんぶ出し切ったような爽快感は、夏ランでしか味わえない「楽しみ」でもあります。

ひとくちに「汗」といっても、爽快な汗と不快な汗があります。医師の五味常明先生いわく、汗腺は使わないと機能が衰えていき、使うほど機能が元に戻りやすいのだそうです。

さらには、元気な汗腺からはサラサラのよい汗が出て、逆に汗腺が衰えるとネバネバした悪い汗になってしまうとも。

つまり、ランニングで日常的に汗をかくことは、夏バテや熱中症予防につながる汗腺強化の面からも非常に有効なのです。

「暑い中なぜワタシ走ってるの?」と自分自身に疑問がわいたら、この「汗腺強化」という言葉を思い出してください。もちろんこまめな水分補給も忘れずに!

<参考>
花王 暮らしの研究
オムロン「発汗トレーニングで夏バテを防ぐ」

worker.gif
castle_0410.gif
highalti190701.gif
waork_side.gif
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif