mini_castle_191208.gif
pc_aichiike.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2019年11月18日

犬山シティが「犬山ラニングフェスティバル」にリニューアル。

昨年2月、36回をもってその歴史に幕を下ろした「犬山シティマラソン」(旧名・犬山国際友好シティマラソン)。来春(2/9)、装いも新たに「犬山ランニングフェスティバル」として生まれ変わります。
97984465.JPG

尾張エリアを代表する10kmロードレースとして、新春春日井・小牧シティ・一宮タワーパークと並ぶ大会として地元ランナーの支持を集めた「犬山シティマラソン」。

同時期に開催される「読売犬山ハーフマラソン」とともに、愛知尾張エリアのランニングムーブメントに一定の貢献を果たしてきました。

過去に何度か参加した地元ランナーとして、大会終了が発表されたときは寂しさを感じたものです。

終了の理由は定かではありませんが、その直後から犬山市は代替イベントの開催を模索したといいます。そして先週、「犬山ランニングフェスティバル2020」の開催が正式にアナウンスされました。
01515515.png

まだ詳細はわかりませんが、発表されてるのは参加費が100円であることと、種目は1km3kmであること。

以上からもわかるとおり、競技というより『“気軽に”・“楽しく”参加できるランニングイベント』(犬山市HP)というコンセプトのようです。

参加受付は11/27(水)から開始。詳しい募集要項はそれまでに告知される見込みです。
32323232300.png

10kmロードレースが距離の短いファンランイベントにリニューアルするパターンは、このエリアでは岩倉市、北名古屋市に次いで3例目。 ※犬山シティは36回大会のみ最長種目7kmでした。

硬派なレースが実質“廃止”となるのは寂しくあるものの、こうした自治体主催のファンランイベントが新たなランナー層の取り込みにつながるとすれば、それはそれで意味のあることだと思います。

■犬山ランニングフェスティバルの詳細はこちら

pc_1101.gif
pc_aichiike.gif
highalti190701.gif














 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger