pc_aichiike.gif
pc_1101.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2019年11月05日

ランニング継続の最終手段は“着替えない”こと。

ここ数日、朝晩はぐっと冷え込むようになりました。寒くなると帰宅してから走りに出かけることがまるで苦行のように思えてきます。ポカポカな部屋、温かなお風呂・・・これらの誘惑を絶ち切って再び極寒の屋外に身をさらす行為には、強い意志と高いモチベーションが必要とされるのではないでしょうか。
9402054.jpg

そんな「夜しかランニングの時間が取れない。でも寒くて気持ちが萎える」というランナーに、ランニングへの一歩が踏み出せるとっておきの方法をお伝えします。

その方法とはズバリ「着替えない」こと。帰宅後、走りに出かけるのが面倒な理由のうち、もっとも多いのがこの「着替え」です。

ランシャツに着替え、靴下をラン用に履き替え、ランニングタイツを履き、短パンを身につけ、ウェストポーチを装着し、誰に見られるわけでもないのに鏡の前でファッションチェック・・・。

考えただけでも面倒です。おまけに屋外が極寒ともなれば、ついつい「ああ、面倒くさい。ヤメヤメ」となるのはあなただけではありません。

そこで、「着替えない」。帰宅したらカバンを玄関に置いてサッと走りに行きます。上半身はたとえばワイシャツなど仕事で着ていた服そのままでOK。

あとは上にウインドブレーカーを羽織るだけ。どこかに立ち寄らなければ基本的に動き続けるので、汗冷えの心配もありません。下はさすがにスラックスがしわくちゃになるのでささっとジャージに着替えましょう。まちがってもタイツは履かないこと。面倒くささの元凶です。

靴下はもちろんそのまま。10km程度ならラン用だろうとビジネスソックスだろうとたいして変わりません。足元だけはランシューに履き替えましょう。

帰宅後サッと走りに出かけるため、玄関にウインドブレーカーの上下を用意しておくことをおすすめします。もしも家に家族が在宅の場合はカギもお金も持ちません空身でサッとが基本です。

なお、誘惑の多いリビングにはぜったい立ち入らないように。準備はすべて玄関で済ませましょう。できれば「帰宅→準備→再び外へ」の一連の動作を3分以内で済ませられるのが理想。なぜなら、あまり時間をかけすぎると夕飯のいいにおいや部屋の温かさなどの誘惑に負けてしまうからです。

もっとも、「そこまでしなくても走れるよ」という健全なランナーは、普通に着替えてランニングを楽しんでください。

<令和元年レース納めはこの大会>
12月22日開催!「愛知池ハーフマラソン&ファミリーラン」のエントリーは11/10まで。先着順につき、早期に締め切られる場合があります。いますぐエントリーを!


pc_1101.gif
pc_aichiike.gif
highalti190701.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger