higashi01.png
highalti190701.gif
190801.gif

2019年08月05日

熱中症の応急処置を覚えておこう!夏ランに「無理」「我慢」は禁物。

梅雨寒傾向だった6〜7月から一転、昨年と同じく災害級の暑さが日本列島を襲っています。ランニング時はじゅうぶん気をつけたいものですが、もしも走っている最中にラン仲間の様子がおかしいことに気づいたら、あなたはどうしますか?
23232320.jpg

グループで走る際は全体のペースに合わせる必要があるため、自分で「ちょっとおかしいな」と感じてもついつい無理してしまいがち。

グループを率いるリーダーは、つねにメンバーの様子に気を配ることが求められます。

こうして気をつけていても、体調を崩す人が出る可能性は十分にあり、迅速かつ適切な対応が求められます。

日本スポーツ協会」では、周りに熱中症を疑う症状を呈している人を見かけた場合、以下の応急処置を行うよう推奨しています。
000054065.jpg
Copyright Japan Sport Association. All rights reserved.

「応答がない」「言動がおかしい」「意識がない」など、意識障害が有る場合は『救急車を要請し、涼しいところに運び、速やかに身体冷却』を行います。

意識が正常な場合は、『涼しい場所に移し、衣服をゆるめて寝かせ、スポーツドリンクなどで水分と塩分の補給』を行いましょう。

このとき、意識は正常でも吐き気などで水分補給がうまくできない場合は『医療機関へ搬送し、点滴などの治療』を受けさせる必要があります。

こまめな給水・給ミネラルはもちろんですが、少しでも異常を感じたら涼しい場所で休むなど、経過観察が必要です。

グループで走っていると「休みたい」とはなかなか言い出しにくいものですが、結果的に倒れてしまっては余計に迷惑をかけてしまいます。夏ランに「無理」「我慢」は禁物です。

■参考:公益財団法人日本スポーツ協会「熱中症を防ごう」

<温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が8月24日(土)開催!天然温泉入浴付きで1500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

 sawayaka2019_1.gif
highalti190701.gif
190801.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger