highalti190701.gif
castle_0628.gif
4th_oms_01.png

2019年06月18日

ネバネバからサラサラに!夏ランのメリット「汗腺強化」。

ここ1周間ほど、朝晩は肌寒いぐらいの気候が続いています。しかし6月も下旬に差し掛かり、再び気温は上昇傾向。梅雨明けとともに一気に猛暑が襲ってきそうな予感がします。
sun0001.jpg

中でもナゴヤエリアの夏は、国内でもトップクラスの暑さ。猛暑日が連日にわたって続き、35℃以下で「暑くて走れない」なんていっていてはナゴヤランナーはつとまりません。

・・・とはいうものの、暑い季節の走り込みはかえって疲労をためることになるため、「夏は走らない」というベテランランナーも。しかし9月〜10月の初秋にレースを控えている場合、どうしても真夏の走り込みが必要となります。

そこで、あえて猛暑日ランの良い点を考えてみました。アフターランのビールがおいしいことはさておき、一番のメリットは「大量の汗がかける」こと。

炎天下で30分も走れば、あっという間にシャツはびしょ濡れ。まさに天然デトックス。体中の汗をぜんぶ出し切ったような爽快感は、真夏にしか味わえない「楽しみ」なのです。

さて、ひとくちに「汗」といっても、爽快な汗と不快な汗があります。医師の五味常明先生いわく、汗腺は使わないと機能が衰えていき、使うほど機能が元に戻りやすいのだそうです。

さらには、元気な汗腺からはサラサラのよい汗が出て、逆に汗腺が衰えるとネバネバした悪い汗になってしまうとも。

つまり、ランニングで日常的に汗をかくことは、夏バテや熱中症予防につながる汗腺強化の面からも非常に有効なのです。

炎天下にもかかわらず「なぜワタシ走ってるの?」と自分自身に疑問がわいたら、この「汗腺強化」という言葉を思い出してください。

<6月開催決定!温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が6月22日(土)開催!天然温泉入浴付きで1,500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

castle190521.gif
aim468x60.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger