pc_aichiike.gif
0917-30.gif
highalti190701.gif
higashi01.png

2019年05月21日

湿度が高い蒸し暑い日に走る際の注意点3つ。

来週は各地で30℃を超えるなどかなり暑くなりそうです。体が暑さに慣れていないこの時季のランニングは、一年のうちでもっとも注意を払う必要があります。ということで本日は、専門家が語る暑い季節に走る際の3つのポイントをお届けします。
kyuusui2.jpg

<1>適切な服装で走る。

同じ気温でも湿度が高い日は暑さも倍増します。当然汗の量も増えるでしょう。このとき、ウェアの素材によっては過熱や擦れが生じやすくなります。

黒など濃い色は避け、明るい色のウェアを着ることで体を涼しく保てます。頭部の温度上昇を避けるためキャップは必須。サングラスも有効です。── Elizabeth Corky(ランニングコーチ)

「綿素材のウェアは避けましょう。コットンは肌触りがやさしい反面、汗や湿気を吸収します。不快なばかりか、擦れの要因にもなります── Corinne Fitzgerald(パーソナルトレーナー、ランニングコーチ)


<2>必要十分な電解質を摂取する。

湿度が高いほど通常より多くの汗をかきます。つまり夏のランニングは、体から大量の水分とナトリウムを失う危険があります。大切なのは水分補給はもちろん、体の電解質(ナトリウム、カリウムなどのイオン)のレベルを維持することです。
kyuusui1.jpg

とにかくこまめな水分補給(スポーツドリンク等)。走り終えた後も、失われた電解質を補給するため、バナナなどカリウムやナトリウムを多く含んだ食品を食べましょう── Elizabeth Corky


<3>無理にペースを上げない。

暑さ・高湿度に慣れるまで本来のパフォーマンスは期待できません。最初はペースを抑え、徐々に上げていくのが賢明です。

湿度が高い中で走ることは、酸素が薄い状態で走る高地トレーニングと同じようなものです。無理してペースを保とうとせず、蒸し暑い日は自制しましょう。── Elizabeth Corky

暑くなり始めた数週間は無理は禁物。暑さと湿気に慣れるには時間がかかります。夏の暑さを素直に受け入れましょう。── Corinne Fitzgerald

●via:mbgmovement「3 Tips For Running Outside In Unbearable Summer Humidity」

<温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が5月18日(土)開催!天然温泉入浴付きで1,500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

castle190521.gif
aim468x60.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger