468_60.jpg
2_sanen2022 2.png
yoko_okumikawa_tabiruun.png

2022年04月19日

今夏の気温は全国的に「高い」見込み・・・ランナーには少し厳しい夏に。

ここ2〜3日は寒の戻りで少し肌寒かったものの、今週末から来春かけておおむね25℃を超える予報。いよいよ夏に向かっていくわけですが、気になるのは今夏(6・7・8月)の暑さ。ランナー泣かせの酷暑がやってくるのでしょうか。
5116444987.jpg

気象庁によると、2022年の夏(6・7・8月)は『全国的に暖かい空気に覆われやすいため、気温は北・東・西日本で高く、沖縄・奄美で平年並か高いでしょう』とのこと。

平均気温は全国的に『高い』見込みで、ランナーにとっては試練の夏になりそう。ただ、夏は暑いに決まっていますので、極端な冷夏でない限り厳しいシーズンとなることは間違いありません。

とくに初めて暑い季節を迎えるビギナーランナーの方は、「最近すぐ苦しくなる。体の不調かな?」と心配になるかもしれません。しかしそれは単に体が暑さに慣れていないだけ。

暑さに体を慣らすことを「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」といいます。私は毎年5〜6月は「暑熱馴化期間」と位置づけ、ハードな練習は控えます。それに、ランニング中すぐに息が上がっても気にしないようにしています。

体に「冬〜春バージョン」が残っているこの時期に無理をすると、ランニングがただただ不快なものになるばかりか、極度に疲労してダメージを引きずってしまいかねません。

昨シーズン中に走った分の「ランニング実績」はいちどリセットして、走行距離を徐々に積み上げつつ暑さに慣れていきましょう。

適切に暑熱馴化を行うと、7月からの本格的な夏を比較的スムーズに乗り切ることができ、秋からのロードレースシーズンも疲れを引きずることなく入っていけるのではないでしょうか。

■参考:気象庁「季節予報」(全般予報の解説資料)
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif