castle_1102.gif
aim468x60.gif
4th_oms_01.png

2018年12月05日

国宝松江城マラソン 2018 vol.2<レース前半>篇。

12月2日に開催された国宝松江城マラソン。当日スタート時の気温はおよそ8〜10℃でしたが、気温の上昇が予想されたため半袖短パンでのぞむことに。どことなくのんびりとした雰囲気のなか、スタートエリアに続々と選手が集まってきました。
IMG_417400.jpg

参加ランナーは5,012人(定員5,000名)。愛知県からも50人ほどエントリーがあったようです。定刻どおり8時45分に松江市総合体育館横をスタートしました。
DSCN9295.JPG
DSCN9296.JPG

ゲストのエリック・ワイナイナさん、市橋有里さんらに見送られ、まずは松江城方面へ。
DSCN9308.JPG
DSCN9311.JPG
DSCN9319.JPG

松江城の天守は右手に一瞬見える程度でした。大会名が「国宝松江城マラソン」だけに、欲をいえばもう少し天守が見たかったのは正直なところ。
DSCN9331.JPG
DSCN9338.JPG

ただ、コースは主催者の一存では決められないことなので今後に期待したいと思います。

松江城を過ぎて間もなく宍道湖が見えてきました。湖の東端を南下し、松江駅を経由してふたたびスタート地点付近に戻ります。
DSCN9346.JPG
DSCN9372.JPG

5kmを過ぎたあたりでしょうか、後ろからポンポンっと肩を叩くランナーが。それはゲストランナーのワイナイナさんでした。
DSCN9363.JPG

選手全員のスタートを見送ったあと、最後尾から走ってきたようです。選手一人ひとり励ましながら、けっこうなスピードで駆け抜けていきました。レース終了後に調べてみると、ワイナイナさんは結局サブスリーで完走。さすがです。

さて、ワイナイナさんに元気を注入いただいた後、進路を北東に変え中海方面へと向かいます。実はスタートしてからここまで、距離表示を連続で見落としていました。

その後も注意深く沿道を見ながら走っても距離表示が見当たりません。もしかしてそもそも設置していないのかな?と思いつつ走り続けると、見落としていた理由がわかりました。前方に見えるのはまさか・・・
DSCN9388.JPG

低!
DSCN9392.JPG

距離表示が膝下ぐらいしかなく、これでは見落とすはずです。なにか理由があるのかもしれませんが、とくにコースが混雑する序盤はほとんどの選手が存在に気づかないでしょう。まあ、距離表示が有るということがわかってまずは安心しました。

沿道の景色は徐々に色づいた木々が多くなってきました。いよいよ中海へ、約20km続くレイクサイドへと舞台を移します。
DSCN9384.JPG
DSCN9403.JPG
DSCN9400.JPG

※vol.3<レース後半>篇につづく。

4th_oms_01.png
aim468x60.gif
castle_1102.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger