castle_1102.gif
aim468x60.gif
4th_oms_01.png

2018年11月01日

2018 水戸黄門漫遊マラソン vol.3<レース後半>篇。

vol.2 <レース前半>篇よりつづく。
水戸黄門漫遊マラソンのコースは、所々アップダウンはあるもののおおむねフラット。狭い箇所もなく、序盤から気持ちよく走れるコースでした。
DSCN8664.JPG

中間点では大型商業施設があるためか、応援の方々がたくさん。すでに脚は終わりかけていましたが、大声援のおかげで後半戦へと気持ちを切り替えることができました。
DSCN8884.JPG
DSCN8887.JPG
DSCN8889.JPG

しばらく走ると、ランナーが行列を作っているのが見えます。「なんだろう?」と、わけもわからず並ぶことに。
DSCN8897.JPG

行列の正体ははちみつドリンクエイドでした。おそらく私設エイドかと思いますが、とてもおいしかったです。ありがとう!
DSCN8900.JPG

その後、ひたすら水戸市郊外を中心部めざして走ります。中間点〜30kmぐらいまではカメラを構える動作もつらかったため写真がありません。
DSCN8902.JPG

それでもなんとか歩かず走り続け、ようやく偕楽園付近まで戻ってきました。
DSCN8906.JPG

そして終盤戦のハイライト、千波湖公園へ。ここを走るのが楽しみでした。
DSCN8912.JPG

うるおいあふれる美しい公園で応援も多く、しばし辛さを忘れて気持ちよく走ることができました。やはり景観が変化することで気持ちもリセットできるものです。
DSCN8931.JPG
DSCN8974.JPG

公園内では日本赤十字の方々が豚汁をふるまっていました。当然立ち寄り。撮影を忘れるほどおいしく、体中に塩分がしみわたっていくのを感じました。
DSCN8938.JPG

終盤にきてペースは一気に落ちてしまいましたが、せめて残り1kmは背筋を伸ばしてしっかり走ろう・・・と決めていたものの、その1km手前で無慈悲な急坂が。
DSCN8977.JPG

写真では分かりにくいですが、かなりの勾配です。沿道のおじさんが「地獄坂へようこそ!」と選手を激励(?)していました。

幸いにも坂はすぐ終わり、左折するとはるか前方にフィニッシュゲートが見えてきました。
DSCN8982.JPG

嬉しさとレースが終わってしまう多少の寂しさを感じつつ、半年ぶりのフルマラソンをフィニッシュ。
DSCN8986.JPG
DSCN8995.JPG

そして水戸黄門漫遊マラソン参加の最大の理由である完走メダルをいただきました。
DSCN8999.JPG

そう、黄門様の印籠型メダルです。これが欲しくてはるばる水戸まで足を運んだのです。頭が高い、控えおろう!
IMG_3691.JPG
IMG_3695.JPG

さて、名古屋から水戸はちょっとだけ遠いですが、交通の便はいいので気になりません。エントリー合戦とも無縁ですし、来年あたりいかがでしょうか。

ボランティア、応援の方々、選手の皆さん、お疲れさまでした。

4th_oms_01.png
sawayaka01_0901.jpg
aim468x60.gif
castle1010.gif
banner_340x80.jpg






 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger