castle_1102.gif
aim468x60.gif
4th_oms_01.png

2018年10月25日

名古屋ランニングコースガイドvol.105「しだみ古墳群(守山区)」。

来年春のミュージアム施設オープンを控え、注目が集まる守山区の「しだみ古墳群」を走ってきました。
DSCN8058.JPG

名古屋市の北東、守山区上志段味一帯には、大小66基もの古墳(うち7基が国史跡)が集中的に点在しています。来年春には「しだみ古墳群ミュージアム」がオープンするなど、名古屋市の新たな歴史・文化拠点として注目を集めています。
DSCN7979.JPG
DSCN7977.JPG

古墳群は名古屋市最高峰の東谷山(198m)を含む、東西約1.7km、南北約1kmの範囲に点在。トレラン気分も旅ラン気分も味わえ、適度なトレーニングにもなるコースです。スタートは鉄道利用ならJR高蔵寺駅起点、クルマならフルーツパーク起点が便利。

まずは高蔵寺駅からもっとも近い「東谷山白鳥古墳」へ。ここは古墳群の中で唯一、古墳内部の横穴式石室が見られるようになっています。
DSCN7944.JPG
DSCN7946.JPG

第2古墳ポイントは市バス上志段味停からすぐの「勝手塚古墳」。高さ約53mの墳丘頂上に勝手社の本殿が祀られている、国指定史跡の一つです。
DSCN7968.JPG

第3古墳ポイントはミュージアムオープン予定地に隣接する「志段味大塚古墳(国指定史跡)」。
DSCN8009.JPG

施設予定地横の階段を登っていくと、「西大久手古墳」や「大塚3号墳」など小さな古墳が点在する美しい公園が広がります。
DSCN7985.JPG
DSCN8001.JPG

もっとも大きな「白鳥塚古墳」は、きれいに復元されているためまるで巨大な遊具のよう。地元の子どもたちの遊び場と化していました。
DSCN8030.JPG
DSCN8041.JPG
DSCN8049.JPG
DSCN8036.JPG

第4古墳ポイントは一番最初に国指定史跡となった「白鳥塚古墳」。古墳の頂には石英で白く輝いていた外観を再現してあります。
DSCN8071.JPG
DSCN8077.JPG

白鳥塚古墳にほど近いフルーツパークで休憩したあとは標高198mの東谷山へと向かいます。東谷山もしだみ古墳群の一部で、山中や頂上付近に3基の古墳が現存。
DSCN7840.JPG
DSCN7853.JPG

低山ながら急勾配なため、ちょっと登っただけで息が切れてしまいます。
DSCN7857.JPG

3基のうち頂上付近にある「尾張戸神社古墳」は、その名のとおり立派な神社が祀られ、展望台からは美しい眺望が開けます。
DSCN7878.JPG
DSCN7922.JPG
DSCN7918.JPG
DSCN7914.JPG

庄内川方面へと下山すると、第一ポイントの東山谷白鳥古墳へと戻ります。

ぐるっとめぐって約8.2km。山ランも含むため、そこそこ走り応えあり。古代ロマンを感じながらの古墳ラン。この秋おすすめです。



■「歴史の里 しだみ古墳群」についてはこちら

<お知らせ>
明日26(金)と29(月)は出張取材のため更新を休みます。


4th_oms_01.png
sawayaka01_0901.jpg
aim468x60.gif
castle1010.gif
banner_340x80.jpg

 
●名古屋RUNコースガイドの最新記事
posted by 名古屋RJ編集長 | 名古屋RUNコースガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger