castle_kids0522.gif
banner2-01.png

2018年05月15日

今年の夏はランナー泣かせ!?昨年よりさらに暑くなる見込み。

まだ5月だというのに、30℃近い夏のような暑さが続きそうです。このままいくと今年の夏はどうなってしまうのでしょうか。
natsurun.jpg

気象庁によると、2018年の夏(6・7・8月)は『全国的に暖かい空気に覆われやすく、夏の気温は、東日本以西で高く、北日本でも平年並か高い見込み』とのこと。平均気温も北日本は「平年並みか高い」、東・西日本および沖縄地方は「高い」という予想。

つまり、今年の夏は全国的に昨年より暑いといえそうです。昨年がどれだけ暑かったか忘れましたが、我々ランナーにとって厳しいシーズンとなることは間違いありません。

とくに初めて暑い時期を迎えるビギナーランナーの方は、「最近、すぐ苦しくなる。体の不調かな?」と心配になるかもしれません。しかしそれは単に体が暑さに慣れていないだけ。

暑さに体を慣らすことを「暑熱馴化(しょねつじゅんか)」といいます。私は毎年5〜6月は「暑熱馴化期間」と位置づけ、ハードな練習は控えます。それに、ランニング中すぐに息が上がっても気にしないようにしています。

体に「冬〜春バージョン」が残っているこの時期に無理をすると、ランニングがただただ不快なものになるばかりか、極度に疲労してダメージを引きずってしまいかねません。

昨シーズン中に走った分の「ランニング実績」はいちどリセットして、走行距離を徐々に積み上げつつ暑さに慣れていきます。

適切に暑熱馴化を行うと、7月からの本格的な夏を比較的スムーズに乗り切ることができ、秋からのロードレースシーズンにも疲れを引きずることなく入っていけるのではないでしょうか。

<温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が5月19日(土)開催!天然温泉入浴付きで1,500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

castle0519.gif
banner_340x80.jpg

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger