castle_kids0522.gif
banner2-01.png

2018年04月19日

2018 長野マラソン vol.3<レース後半>篇。

※vol.2<レース前半>篇よりつづく
長野マラソンは、長野オリンピック関連施設をめぐるようにコースが設計されています。このため「ビッグハットが見えてきたら10km、エムウェーブは17km」と、施設ごとにおおまかな距離感がつかめます。
DSCN7473.JPG


中盤に現れる「五輪大橋」もコース上の代表的なランドマークの一つで、橋を渡りきった地点がちょうど中間点。
DSCN7462.JPG

レースの前半・後半が橋によって物理的に隔てられているため、心もリセットされるような感覚に。「よし、後半戦いくぞ!」という気にさせてくれます。

毎年のことですが、アクセスが不便な橋の中央あたりで応援してくださる方々には頭が下がります。

中間点から25kmに至る折り返しを含む直線(約4km)は、これといった特徴がない退屈な道ですが、雨にもかかわらず多くの方に声援を送っていただき気持ちよく走れました。
DSCN7467.JPG

25kmからは堤防道路中心のコースとなります。沿道を彩る花々のピンクとイエローのコントラストが美しく、毎回楽しみなポイントです。
DSCN7481.JPG

天気が良ければ遥かな山並みも望めるのですが、今回は厚い雲に阻まれてマウンテンビューはおあずけ。
DSCN7490.JPG

慎重にペースを刻んだつもりでしたが、30kmを過ぎるあたりから徐々にペースダウン。それでも33km地点でライブ演奏するthe Canadian Clubにパワーをもらい終盤戦へ。フルマラソンは激しく疲労しますが、数時間演奏しっぱなしの彼らも相当たいへんではないでしょうか。
DSCN7496.JPG
DSCN7499.JPG


ラスト1kmあたりで高橋尚子さんとハイタッチ。すでに脚は終わっていましたが、金メダリストの激励のおかげで若干ペースアップすることができました。まあ、ペースアップしたところでどうということはありませんが。
DSCN7507.JPG

やがて長野オリンピックスタジアムに入り、声援に包まれながら自身11回目の信濃路ランを無事に終えました。
DSCN7513.JPG
DSCN7521.JPG
DSCN7528.JPG


今回は、午後から晴れるという予報に反して結局雨があがることはなく、終始寒さを感じたままのレースとなりました。暑さに弱い私としてはかえってベストに近いコンディションだったと思います。

ただ、走っていてもなかなか体が温まらないのですから、ボランティアのみなさんはさぞや大変だったのではないでしょうか。本当にお疲れさまでした。

<長野マラソン大会レポート>
●長野マラソン2007(初フル)
●長野マラソン2008
●長野マラソン2009
●長野マラソン2010
●長野マラソン2011(中止)
●長野マラソン2012
●長野マラソン2013
●長野マラソン2014
●長野マラソン2015
●長野マラソン2016
●長野マラソン2017

<温泉付きランニング教室のお知らせ>
愛三工業陸上競技部メンバー・コーチによるランニング教室が4月28日(土)開催!天然温泉入浴付きで1,500円。参加予約は「天然温泉かきつばた」までお早めに!

castle0223.gif
banner_340x80.jpg



 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger