castle0223.gif
banner2-01.png

2018年04月09日

じつは一年中楽しめる“東京マラソン”。

回を重ねるごとに進化する東京マラソン。大会当日はもとより、エントリーや抽選発表自体がすでにランナーのお祭りと化している世界指折りのレースです。さて、そんな人気の東京マラソンですが、年間を通してさまざまな公式イベントや関連大会が開催されていることをご存じでしょうか。
35915.jpg



東京マラソンは年に1回のお祭りではありません。大会を運営する東京マラソン財団では、市民ランナーが楽しめるさまざまな企画を一年中提供しています。

そのうちの一つが「マンスリーバーチャルマラソン(MVM)」。あらかじめ定められた月に一回の“大会日”に、全国のランナーがアプリを通してタイムを競うバーチャルレースです。

参加方法は「ONE TOKYO APP」でランを記録するだけ。コースは任意です。レベルに応じてサブ3・サブ3.5・サブ4・サブ4.5・サブ5・ジョガーの6クラスに分かれており、初めてアプリを使う人は「ジョガークラス」からスタート。
10_29.png

結果に応じて各クラスに「昇格」します。反対に上位クラスからの「降格」もありえるため、バーチャルとはいえ本気モードに。クラスごとのランキングも発表されます。
43_41.png

マンスリーバーチャルマラソン、次回は4月14日(土)の10kmレース。6:00スタート、12:00までに完走することが条件です。

14日のレースはちょうどタイミングよく2018〜2019シーズンの初戦。初めて参戦する方はチャンスです。詳細はこちらをご覧ください。

さて、東京マラソン財団ではリアルな大会も開催しています。次のイベントは、5月13日(日)に行われる「有明・お台場リレーハーフマラソン」。
ariakeodaiba.png

チームリレー(ハーフ)、個人ラン(ハーフ)、家族ラン(1km)の3種目で、臨海副都心プロムナード公園特設ランニングコースを舞台に開催されます。詳細はこちらをご覧ください。
DSCN0876.JPG

バーチャルもリアルも、じつは一年中楽しめる東京マラソン。本大会当選祈願もかねて参加してみてはいかがでしょうか。

castle0223.gif
banner_340x80.jpg

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger