aim468x60.gif
castle0619.gif
banner2-01.png

2018年03月23日

安定の長野、躍進の北海道!「全国ランニング大会100撰」発表。

RUNNET(アールビーズ)の「全国ランニング大会100撰」(2017年開催大会)が発表されました。これは「大会レポート&評価」で市民ランナーから集計したデータをもとに、獲得点数上位100大会を選出したもの。市民ランナーの「本音」が色濃く反映されているため、大会選びの際とても参考になるデータです。
216082_L.jpg

都道府県別にみると、前年に続き長野県が9大会ランクインして堂々のトップ。長野マラソン、松本マラソン、軽井沢ハーフなどの“長野マラソンファミリー”が牽引する形に。

他にも小布施見にマラソン、駒ヶ根ハーフなど、安定した人気を誇る大会が名を連ねます。

都道府県別2位は7大会入選の兵庫県。神戸マラソンと姫路城マラソンの2大フルに、老舗大会の加古川マラソンもがんばっています。

もう一つ、7大会ランクインしたのが北海道。前年は4大会でしたので、新規を含む3大会がいきなり参加者の支持を集めたカタチに。

3位は6大会がランクインした茨城と千葉。エリアで見ても東京・神奈川を含めた関東地方が群を抜いています。“フルマラソン王国”静岡は前年と同じく5大会が選ばれました。

東海地方では岐阜のいびがわマラソンと高山ウルトラ、三重の鈴鹿山麓かもしかハーフが順当に入選。ちなみに愛知県は三大都市圏にもかかわらず入選大会ゼロ・・・。やはり賢明なランナーは、表面上の華やかさに惑わされることなくシビアに本質を見抜いているということでしょうか。

さて、こうして「ランニング大会100撰」の大会リストを眺めていると、あまり聞いたことのない大会(全国区ではない)が意外に多いことに気づきます。

このことは逆に、たとえ小さなローカル大会でも評価されるべき大会はしっかり評価されていることを裏付けるものではないでしょうか。

大規模マラソンばかりクローズアップされる昨今にあって、市民ランナーの良識と冷静な判断を垣間見た気がしました。

全国ランニング大会100撰(RUNNET)

panoramatrail.jpg
castle0223.gif
banner_340x80.jpg

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
sawayaka1_0832made.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger