castle1010.gif
aim468x60.gif
4th_oms_01.png

2017年12月13日

マラソンより過酷!?いまウォーキング大会がアツい。

ランニングに対するモチベーションが低下して腰が重くなっているという方、ちょっと気分転換も兼ねて「ウォーキング大会」に参加するのはいかがでしょうか。
pixta_35130723_XL.jpg

改めて探してみると、北は北海道から南は沖縄まで、それぞれに趣向を凝らしたウォーキング大会が毎月のように開催されています。そこで今回は無数にあるウォーキング大会の中でも、現在エントリー可能かつ魅力的な大会をピックアップしました。

まずは「第9回 伊勢神宮初詣ウルトラウォーキング」(2017年12/30〜2018年1/1開催)。種目は100kmおよび60km。12/30〜1/1にかけて、奈良から伊勢につづく「伊勢本街道」を歩き続けます。

第3回 屋久島100キロウルトラウォーキングフリーウォーク」(2018年11月17〜18開催)も、タイトルの通り100kmを歩くイベント。ウォーキング大会というとほのぼのとしたイメージですが、ある意味マラソンよりもキツイんじゃないかと感じたのは私だけでしょうか。
4cd396e8d4fff8bd503e60e11dbad96e_l.jpg
※image photo

中にはさらに距離の長い大会も・・・。「第1回 琵琶湖ウルトラフリーウォーキング」はなんと165km、「第2回 富士山一周ウルトラフリーウォーキング」は125km、「第1回 霞ヶ浦一周ウルトラフリーウォーキング」は104kmと、そこらのランニング大会よりもハード?!体力よりも精神力勝負のような気がします。

「そんなヘ○タイ的なウォーキング大会は嫌だ!」という方、もちろん“普通”の大会もあります。来年3月3日に開催される「淀川 寛平ウォーク2018」は、あの寛平ちゃんといっしょに淀川河川敷(太子橋地区〜枚方地区)約12kmを2時間かけて歩きます。これなら気軽に参加できそう。

現在はエントリー期間から外れてるものの、「伊豆諸島ウオークin神津島」(11月開催)、「いわて花巻イーハトーブの里ツーデーマーチ」(8月開催)、「でっかいどうオホーツクマーチ網走・北見」(6月開催)、「にいがた湊まち歴史ウオーク」(6月開催)などなど、タイトルだけでもワクワクしそうな大会がめじろおし。
4dfcf755836c673911ff8ed6313ad619_l.jpg

さすがに100km超の大会は別ですが、誰でも気軽に参加できるのがウォーキング大会の魅力。来年はマラソン遠征一回分をウォーキング大会に充てて、見知らぬ街の歴史や自然にじっくり触れてみるのもいいかもしれませんね。

■参考:歩こうにっぽん(アールビーズ)

exporelay2017.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
westin171124.gif




 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
4th_oms_02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger