exporelay2017.jpg
banner2-01.png
westin170922.gif

2017年11月14日

「いびがわマラソン2017」vol.2<レース>篇。

30回記念大会ということで、例年にもまして熱気に満ちあふれていたスタート会場。まるで初夏を思わせる太陽もまた、いびがわに集った人々の高揚感を象徴するように温かな光を注いでいました。
DSCN6657.JPG

ステージには、第一回大会から“いびがわの顔”として、事実上の“総合司会”と化してる高石ともやさんの姿が。大会中は常に高石さんの歌とMCが会場中に響いてるのも、いびがわではもはや当たり前の光景です。
DSCN6682.JPG

選手総出の準備運動やゲスト紹介がひととおり終わり、いよいよフルマラソンの号砲を迎えました。このとき、トイレに並んでいたため肝心のスタート風景を撮影することができず!
DSCN6666.JPG

気を取り直して、30分後にスタートするハーフの部の列に並びました。
DSCN6690.JPG

定刻通り10:30、スペシャルサポーターの西田ひかるさんとゲストの中村優さんに見送られ、ハーフマラソンがスタート。
DSCN6694.JPG
DSCN6707.JPG
DSCN6706.JPG

スタート後、すぐにフィニッシュ会場を通過します。ここで待ち構えているのが地元のちびっ子たちの大応援団。早くも涙腺崩壊ランナーが多発するポイントでもあります。
DSCN6730.JPG

当日は雲一つない晴天。遠くの山々や遥か先をいくランナーの姿もはっきと目に入り、とても気持ちよく走ることができました。
DSCN6766.JPG
DSCN6771.JPG
DSCN6794.JPG

マラソンを走るには気温が高く日差しが強かったものの、いびがわマラソンの場合は山間部に入ると途端に気温が下がるため、全体的には悪くないコンディションだったのではないでしょうか。
DSCN6803.JPG
DSCN6827.JPG

コースは「半分上って半分下る」パターン。このため前半は「折り返せばラクになる」と自分に言い聞かせつつ、ボランティアや沿道の応援に力をもらいながら我慢の走りに徹しました。
DSCN6822.JPG

やがて折り返し地点を過ぎて小さなアップダウンをクリアした後、重力に任せて一気に駆け下りました。ただ、ペースを上げすぎたためか横腹痛に見舞われ、ゴールまで収まることはありませんでした。

終盤の「おっかさんステーション」で味噌汁をいただき、最後の堤防道路へ。「スイーツエイド」も気になりましたが、そのまま通過。
DSCN6848.JPG
DSCN6852.JPG

やがてゴール手前の前島橋が近づくにつれ、少しだけペースアップ。自分なりにラストスパートをかけてフィニッシュしました。
DSCN6853.JPG

そして待望の完走メダルをゲット。これほしさにエントリ合戦からがんばってきた甲斐がありました。
DSCN6861.JPG

ハーフを走っておいてなんですが、いびがわはやっぱりフルマラソンをおすすめします。揖斐峡の景色、沿道の応援など、真に楽しめるのはフルマラソンだと思います。

さて、無事に30回記念大会も終わり、その余韻も冷めやらぬうちに次回大会が2018年11月11日(日)に開催されることがアナウンスされました。

来年のいびがわは、いったいどのような表情を見せてくれるのでしょうか。全国のランナーの皆さん、また1年後にいびがわでお会いしましょう。

banner_340x80.jpg
runj2baner.gif
banner2-02.png
westin170922.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger