exporelay2017.jpg
banner2-01.png
westin170922.gif

2017年11月13日

「いびがわマラソン2017」vol.1<30回記念大会>篇。

東海三県唯一の市民マラソン(市民すべてが出場できる自治体主催大会として)、「いびがわマラソン2017」を実走取材してきました。名実ともにナゴヤランナー最大のお祭りとして人気の「いびがわ」も今年で30回目。当日は記念大会にふさわしい爽やかな青空が広がり、祝賀ムードに包まれました。
DSCN6685.JPG

30年前といえば、みなさん何をされていましたか?すでに走っていたという方もいらっしゃるでしょう。ちなみに第1回大会が開催された1988年(昭和63年)を振り返ってみると・・・流行語は「オバタリアン」「しょうゆ顔」、福原愛さんや福島千里さんが生まれ、『となりのトトロ』が上映され、明石家さんまと大竹しのぶが結婚し、ゴルバチョフがペレストロイカを推進・・・そんな年でした。

それから30年、いびがわマラソンは「元祖おもてなし大会」の下地を地道に育み続け、今に至ります。
DSCN6680.JPG

30回記念大会の目玉といえば、なんといってもいびがわマラソン史上初登場の完走メダル。これ欲しさにエントリーしたという方も多いと聞きます。赤いリボンはマラソン、ブルーのリボンはハーフマラソン完走の証。
IMG_7078.JPG
IMG_7079.JPG

2012〜2015年の4年間は「雨のいびがわ」と揶揄されるほど雨天のレースが続きましたが、前回大会で久しぶりの晴天に。そして今年も揖斐川町に太陽の光が降り注ぎ、30回記念大会の晴れの舞台を明るく照らしてくれました。いや、むしろ暑かった・・・。
DSCN6662.JPG
DSCN6676.JPG

ともあれ、揖斐川町本来の美しい秋景色と雲ひとつない青空の美しいコントラストは、走っている最中も疲れを忘れさせてくれました。
DSCN6765.JPG
DSCN6801.JPG

そして今回も、いびがわマラソンは「地元の方々の手作り」であることを実感。中でも子どもたちの活躍は素晴らしかった。
DSCN6749.JPG

もはやいびがわ名物の一つともいえる保育園・幼稚園児の“園対抗応援合戦”、野球少年たちの威勢のいい声援、中高校生の献身的なボランティア活動など、会場各所やコース沿道で子どもたちの活躍が光っていました。
DSCN6732.JPG
DSCN6803.JPG
DSCN6771.JPG
DSCN6819.JPG
DSCN6768.JPG
DSCN6812.JPG
DSCN6861.JPG

こうしていびがわマラソンの「おもてなし精神」が継承されてきたんだなと、走りながら実感しました。

※明日はvol2<レース篇>をお届けまします。

banner_340x80.jpg
runj2baner.gif
banner2-02.png
westin170922.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger