skyurun_nagoya_banner.jpg
banner2-01.png
westin170922.gif

2017年10月11日

ランナーのパフォーマンスアップに「銭湯」が有効。

走力向上のために様々な方法を試すこと自体、ランニングの大きな楽しみといえます。そんな市民ランナーのパフォーマンスアップに「銭湯」が有効であることをご存知でしょうか。
hsp01.jpg

「ヒートショックプロテイン(以降、HSP)」という言葉を見聞きしたことがある方は多いでしょう。平たくいえば「熱ショック蛋白質」のことで・・・ますますわかりません。

つまり「HSP」とは体に熱を加えると増加するタンパク質のことで、「傷ついたタンパク質を修復する」「疲労物質を減らす」などの働きを持っているのだそう。※愛知県浴場組合の解説(神藤啓司氏監修)参照。

お風呂の健康的な入り方といえば、よく聞くのが「38℃〜40℃のぬるめの湯にゆっくりつかる」という入浴方法。これはこれで有効であることは間違いないでしょう。

一方、HSP効果を狙うには「42℃以上の熱めの湯に10分間つかる」ことが必要とのこと。前述の神藤氏によると、「体を42℃で加温するとHSPが増え」、代謝と免疫力を高めることができるのだとか。

ではなぜ家のお風呂ではなく、「銭湯」がいいのでしょうか。それは「広さと深さによる圧力が体を活性化するため」。仮にもマラソンをたしなむ市民アスリートが毎晩シャワーだけというのはもってのほか。
hsp02.jpg

「熱い湯は苦手」という方も、たまには近くの銭湯で「高温深風呂」入浴を実践してみませんか。

愛知県の銭湯といえば、荷物を預かってくれる「ランナーズ銭湯」サービス店も拡大中。パフォーマンスアップも兼ねて、銭湯を拠点に秋の街ランを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<ご注意>
高温での入浴は、心臓や血管、血圧などに問題のある方や高齢者にはおすすめできません。あくまでも健康な方のための入浴方法です。入浴前後には必ず水分補給を行ってください。

<「さわやか健康リレーマラソン」締切間近!>
第4回目を迎える「さわやか健康リレーマラソンin大高緑地」のエントリー締切が迫ってまいりました。リレーの部はもちろん、ソロの部もあるので秋の走り込みにもおすすめです。


<垂直マラソン「ハルカススカイラン」締切間近!>
日本一の超高層ビル「あべのハルカス」の階段を駆け上る垂直マラソン「ハルカススカイラン」がエントリー受付中!詳細・エントリー受付はこちら

banner_340x80.jpg
skyurun_nagoya_banner.jpg
runj2baner.gif
banner2-02.png
westin170922.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger