yoko_okumikawa_tabiruun.png

2017年07月06日

1日30〜40分の定期的なランニングが細胞の若返りに効果的。

適度なランニングは様々な健康効果もたらしますが、ときに私たちにとって走ること=「青春の泉(※)」になりうることがブリガム・ヤング大学(BYU)の研究によって解明されました。 ※Fountain of Youth。その水を飲むことで誰もが若返ると言われている伝説上の泉。転じて若返りや不老の比喩に用いられる。
telomere03.jpg


BYUの研究によると、定期的なランニングを行っている人たちのDNAを解析した結果、運動習慣のない人よりも長い「テロメア」を有していることがわかりました。

テロメアとはDNAの端っこに位置し、染色体を保護する役割を担う構造物のこと。細胞分裂にともない徐々に短くなります。
telomere02.jpg

一般的に若い人ほどテロメアが長く、歳を重ねるにつれて短くなる傾向にあるため、生体の老化に関連する重要な要素であると考えられています。
telomere01.jpg

「あなたが40歳であるという理由だけで、生物学的に40歳であることを意味するわけではありません」という研究主任の言葉どおり、私たちは何らかのアクションによってテロメアを再生する=細胞の老化を遅らせることができます。

そのアクションの一つとして有効なのが「定期的かつ適度なランニング」というわけ。

では「適度」とはいったいどれぐらいかというと、「男性の場合は1日40分、女性の場合は1日30分」とのこと。

・・・まあ、上記の基準でいくと大半の読者は「走り過ぎ」だと思いますので、ランニングによる若返り効果は潔くあきらめて思う存分走りましょう

via:Jogging 30-40 Minutes A Day Has “Fountain Of Youth” Effect On Cells(CBS)

<エントリー受付中!>
ナゴヤランナーのオールナイトサマーフェス!「SUMMER NIGHT RUN 名古屋」。締切間近!!

nightrunnagoya2017.gif
westin0508.gif
hakusan.gif
saikinnoshigoto.jpg

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif