banner2-01.png
westin0730.gif
hakusan.gif

2017年02月06日

ランナーの新常識!? 走ったあとはすぐ◯◯◯!

ランナーはフルマラソンの後など、著しく免疫力が低下してウイルスにつけこまれやすくなるため、一般の人よりもむしろ警戒が必要・・・という趣旨の記事を先日アップしました。その舌の根も乾かぬうち、自身がインフルエンザに感染してしまいました。
6a328ec0b0187b17f77bef57e57a6613_s.jpg

インフルエンザが発症したのは先週日曜日の夕方。その前日、1人で3時間走を実施、30km弱走りました。その日は比較的気温が高く、疲労度も高めだったと思われます。

ランニング後は温浴施設で汗を流し、施設のシャトルバスで帰宅。翌日午後になって急に全身が痛くなり、みるみる体温が上昇。最終的には38.6℃に達しました。

翌朝、近くの内科で診察を受けたところ、かくしてインフルエンザA型であることが判明した次第です。

いま思えば、温浴施設のシャトルバスで隣席の方が乾いた咳をしていたため、これが感染源ではないかと疑っています。インフルウイルスの潜伏期間が1〜3日といいますから、時系列的にも辻褄が合います。

「ロング走など疲労が残る練習の後はとくに注意すべき」と偉そうに言っておきながらこの体たらく。「自分はインフルにかからない」という根拠のない思い込みからの油断もありました。

とくに免疫力が著しく低下した状態の時は、不特定多数の人が集まる空間・乗り物内ではマスクを着用する、その重要性を身をもって知らされました。

いまだに猛威を奮っているインフルエンザ。これからは、走った後はビール!・・・ではなく、「走った後はすぐマスク!」を肝に銘じたいと思います。

■参考:ランナーは風邪をひきやすい?運動と免疫力の意外な関係
 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger