aim468x60.gif
castle0619.gif
banner2-01.png

2018年06月11日

完売間近!いびがわマラソンは会場近くで「前泊」がおすすめ。

今年もわずか数十分で完売した「いびがわマラソン2018」。ナゴヤエリアを代表する元祖・おもてなしマラソンですが、じつは会場周辺にホテルや旅館などの宿泊施設がありません。そこで揖斐川町が企画したのが「いびがわでゆったりおもてなし」プランです。
ibi2_010.jpg

いびがわマラソンに参加する際、遠方からの参加者は最寄りの大垣、名古屋、岐阜などに宿泊することになります。

名古屋駅から会場まではJR、揖斐川鉄道、シャトルバスを乗り継いで1時間30分ほど(待ち時間などを含む)。しかもその間、通勤ラッシュ並みの電車に揺られ続けなければなりません。
ibieki_konzatsu.jpg

クルマで向かうにしても渋滞は避けられず、所要時間も同じぐらいかかってしまいます。そこで揖斐川町が用意したのが「いびがわでゆったりおもてなし」プラン。これは、町内各所の公共施設などを臨時の宿泊所として開放するもの。

場所は「揖斐川健康広場(男性80名、女性15名)」「極楽寺公民館(男性15名)」「房島4区会館(男性15名)」の3ヵ所。利用料はいずれも2,000円です。 ※「極楽寺公民館」は完売。

相部屋(毛布2枚支給)となりますが、完走おにぎり(朝食用)、バナナ、お茶が付きます。前日夕方に温泉バスの運行も有り。

本日(11日)現在で定員間近。ご希望の方はいますぐこちら(RUNNET・モシコム)からエントリーを!
ibi11_04.jpg

※申込・詳細はランネットの「大会検索」にて「いびがわ」で検索。「モシコム情報」一覧に表示されます。
※名古屋・岡崎・豊田・一宮・小牧・春日井・津・四日市・米原・岐阜羽島の10駅といびがわマラソン会場を結ぶ「マラソンバスGOGO!プラン」もおすすめです。

castle_kids0522.gif
banner_340x80.jpg

 
posted by 名古屋RJ編集長 | TrackBack(0) | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger