worker.gif
castle_0605.gif
highalti190701.gif

2016年05月24日

週末のおすすめ。懐かしの昭和へタイムトリップRUN!

目的がないと走る気が起きないという方は多いでしょう。そんなランナーにおすすめなのが「テーマラン」。とはいえけっして大げさなものではなく、たとえば「10km先のかき氷屋さんまで走って食べに行く」程度のこと。今回は「懐かしの昭和へタイムトリップRUN」コースをご紹介します。
2015-05-24 12.45.52.jpg

目的地は北名古屋市にある「昭和日常博物館」。テーマランは、まず目的地ありきで後からコースを設定するのがベター。ということで、モデルコースは後ほど紹介します。
2015-05-24 12.31.30.jpg

「昭和日常博物館」はその名のとおり、昭和時代の懐かしいモノを集めた博物館。入り口を入ると駄菓子屋さんが迎えてくれます。ショーケース入のお菓子、懐かしい。そうえいば森永のエンゼルパイも昔はショーケースで売っていましたね。
2015-05-24 12.44.48.jpg
2015-05-24 12.42.22.jpg

他にもクルマ、食品、電化製品に至るまで、昭和時代の庶民の暮らしがそのまま目の前に広がります。
2015-05-24 12.45.52.jpg
2015-05-24 12.42.13.jpg
2015-05-24 12.36.31.jpg

民家や理髪店の再現や古いチラシの展示も。とくに40〜50代以上の方は感涙モノでしょう。
2015-05-24 12.39.23.jpg
2015-05-24 12.35.14.jpg
2015-05-24 12.39.45.jpg

スタッフのお話によると、展示物のほとんどは一般市民から寄贈されたものなんだとか。ここ「昭和日常博物館」は入館無料。これだけノスタルジックなひとときが味わえて無料とは申し訳ないぐらいでした。
2015-05-24 12.31.35.jpg

さて、そんな非日常体験を楽しませてくれる「昭和日常博物館」へのタイムトリップRUN。名古屋駅からはちょうど10kmほど、金山駅からなら約14km。途中で名城公園や庄内緑地に寄れば距離が稼げます。

もっと走りたいという方は、昭和日常博物館を中間地点にして犬山まで走れば、約30kmのロング走に。あるいは、庄内緑地を起点に昭和日常博物館を往復し(片道約4km)、公園を好きなだけぐるぐる走るトレーニング型テーマランもおすすめです。

※館内の写真は掲載許可を得ています。転載はご遠慮ください。



<<<エントリー受付中!>>>
ナゴヤランナーのオールナイトサマーフェス!「BROOKS presents SUMMER NIGHT RUN 名古屋」。エントリー受付中!

SUMMER-NIGHT-RUN.gif
runcolle0524.gif

westin0517.gif
 
posted by 名古屋RJ編集長 | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif