yoko_okumikawa_tabiruun.png

2016年03月24日

まさにエアラン!想像以上に爽快だったAIR TRACK。

2015年4月、日生球場跡地にオープンしたショッピングモール「もりのみやキューズモールBASE」。その目玉施設「エアトラック」を走ってきました。
airtrack_8.jpg

もりのみやキューズモールBASE(以下Q’s MALL)の場所は、阪神高速を挟んだ大阪城公園の南隣。まさに大阪のランニングの中心地に位置するロケーションです。
airtrack_5.jpg

エアトラックの利用は無料。受付も不要です。営業時間は23:30まで(日・祝は20:30まで)。とくにナイトランの際、女性は安心して走れるのではないでしょうか。もちろん照明が点きます。
airtrack_14.jpg
airtrack_1.jpg

Q’s MALL内にランナー向けシャワー施設の「adidas RUN BASE 大阪」が完備されているため、会社帰りでも気軽立ち寄ってランニングを楽しむことができます。(adidas RUN BASEの利用レポはこちら
airtrack_15.jpg

エアトラックはQ’s MALL1階から階段を上って入場します。
airtrack_2.jpg

トラックは3レーン用意されており、外側が「WALK」、つまりウォーキング専用。内側2レーンがランニング専用。
airtrack_11.jpg

ウォーキングレーンは左右どちら周りでもOKですが、ランニングレーンは左回りのみ。安全のためコース上で立ち止まることはできません(ウォーキングレーンは立ち止まり可能)。
airtrack_6.jpg

気になる距離は1周300メートル。陸上トラックに比べて100m短いものの、実際走ってみるとそれほど短さは感じませんでした。
airtrack_12.jpg

サーフェスは人工芝。まあ、足にやさしいといえばやさしい。タッタッタっと地面からの反撥でリズムをとるタイプのランナーは慣れが必要かもしれません。
airtrack_13.jpg

取材当日は雨上がり。人工芝にしみた水分がシューズのアウトソールから浸入してきました。外見は乾いているように見えても、水はけはあまりよくないようなので、雨上がりに利用するときはベンチレーションタイプのランシュー(中・上級向けシューズに多い)は避けた方が無難です。

ただ、エアトラックというだけあり爽快感は格別。まさに空を走っているという感覚もあながち大げさではありません。コースのすぐ横(北側)には阪神高速が通っています。
airtrack0001.jpg

さらにその向こうには大阪城公園が。大阪城天守閣やビジネスパークの眺望もバッチリ。
airtrack_9.jpg
airtrack_7.jpg

「スポーツや健康に特化したコミュニティ型ショッピングセンター」という素敵なコンセプトを掲げたもりのみやキューズモールBASE。
airtrack_16.jpg

敷地内にはエアトラックのほか、スーパースポーツゼビオ、東急スポーツオアシス、フットサルコート(2面)、ボルダリングスタジオ、アスリートネットワークLab.などのスポーツ関連ショップ・施設が充実しています。
airtrack_10.jpg

大阪城公園ランと合わせ、未体験の方はぜひ走ってみてください。大阪エアラン、おすすめです。
airtrack_17.jpg

12678859_1053446561365297_43476575_n.gif
westin0217.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | コラム to RUN! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif