exporelay2017.jpg
banner2-01.png
westin170922.gif

2016年03月14日

今年も3万人を全力応援!マラソンフェスティバル2016。

5回目の開催となったマラソンフェスティバルナゴヤ・愛知。今年もFUNRUN758ではコース各所を移動しながら、出場された選手の皆さんに声援を送りました。
mf_5.JPG

第1応援ポイントは古出来町交差点(ごまたまご歩道橋)を曲がってすぐの1km地点。まずは9:00スタートの車いすマラソン(10.5km)の選手たちを見送ります。今年も、リオパラリンピック日本代表の土田和歌子選手がダントツの速さで駆け抜けていきました。
mf_1.JPG

フルマラソンは9:10スタート。号砲から約3分ちょっとでトップ集団が通過。期待の野口選手がトップ集団の後方に位置しているのが気になりました。
mf_2.JPG
mf_3.JPG

やがて一般の市民ランナーも続々と目の前を駆け抜けていきました。
mf_4.JPG

まだまだみなさん元気いっぱい。ハイテンションで声援に応えてくれます。
mf_7.JPG
mf_6.JPG
mf_8.JPG
mf_9.JPG

1km地点でウイメンズマラソンの最終ランナーを見送ったのはスタートからじつに30分後でした。第2応援ポイントは5km地点付近(御器所)。ここでは主に名古屋シティマラソン(ハーフ、クオーター)の選手を応援しました。
mf_10.JPG
mf_11.JPG

スケジュールの関係でハーフの最後尾まで見送ることができませんでしたが、半分以上の選手には声援を送れたと思います。御器所駅から桜通線で30km地点過ぎの第3応援ポイントへ移動しました。
mf_12.JPG

この第3応援ポイントではFUNRUN758フルーツステーション(私設エイド)を用意。前回、早々に売り切れてしまったため今回は大幅に増量。オレンジ、グレープフルーツ、ぶどう、りんご、プチトマト、パイナップル、そして応援隊メンバーが差し入れしてくれたメロンを提供しました。
2016-03-12 10.35.54.jpg

ウイメンズマラソンは東京や大阪など他の都市型マラソンと異なり、沿道と選手の距離が意図的に離されているのが欠点。私設エイドに不向きな応援者泣かせの大会です。
mf_14.JPG

それでも「冷たいフルーツあるよ〜」と大声で呼び込みを開始すると、断続的に選手が集まってきて30分ほどで完売。
mf_13.JPG

今回はフルーツの他、塩気たっぷりのキュウリも用意。これが思いのほか好評で、あっというまに無くなりました。
mf_15.JPG

運べる量とスケジュールの関係で、おそらく5時間以降の方にはエイドを提供できませんでした。お詫びいたします。

最終応援ポイントは第1回大会から続けている41km地点手前の「FUNRUN758応援ステーション」。到着したのはちょうど4時間40分フィニッシュぐらいの選手が通過するころ。
mf_16.JPG

分散して応援していたメンバーが集結して選手に声援を送りました。制限時間まで30分を切るころには、ほとんどの選手がウォーキングで通り過ぎていきます。
mf_17.JPG

声援に応えるのも辛い状況だったと思いますが、みなさん笑顔で手を振ってくれました。
mf_18.JPG

やがて最後尾のランナーが通過し、FUNRUN758応援隊の長い一日が終わりました。ボランティアのみなさん、選手のみなさん、お疲れさまでした。
2016-03-13 15.53.56.jpg
2016-03-13 17.58.54.jpg

12678859_1053446561365297_43476575_n.gif
westin0217.gif

 
posted by 名古屋RJ編集長 | FR758イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
banner_340x80.jpg
runj1baner.gif
banner2-02.png
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif
nagoyajogger