nishio1206.gif

2015年04月20日

2015 長野マラソン vol.1<進化するおもてなし>篇。

第17回「長野マラソン」を実走取材してきました。善光寺御開帳で沸く長野で、今年もサクラと競うように色とりどりのランナーの花が咲きました。
DSCN2013.JPG

「市民ランナー目線」の運営をつらぬく長野マラソン。その人気を支えるのは、「地域と一体となったおもてなし精神」にあることを今回あらためて実感しました。
DSCN1913.JPG

急激に増えた全国のいわゆる大規模マラソン大会では、さまざまな“おもてなし”を打ち出してランナーの目をひこうと躍起です。

中には「走り」とは無関係の要素を大会の「目玉」とし、それを“おもてなし”として前面に押し出している大会も少なくありません。

こうした意味で、どうしたらランナーにもっと快適に、安全に、記録をめざして走ってもらえるか、その一点を追求し続ける長野マラソンは、真にランナー目線の運営ができる数少ない大会の一つです。
DSCN1895.JPG
DSCN1996.JPG

もちろん、大会のホスピタリティは、長野というまち(地元の人々)が支えていることは言うまでもありません。
DSCN1881.JPG

毎年長野マラソンに参加するたび、オリンピック開催という経験値がまちそのものの「おもてなし力」として生き続けていることを実感します。
DSCN1924.JPG
DSCN2034.JPG

そしてこれも毎年思うことですが、沿道の方々はいかにも「応援するぞ!」と肩に力が入っていません。皆さんごく自然に、それぞれがそれぞれのやり方で応援を楽しんでいます。
DSCN1938.JPG

ゴザをひろげて、おにぎりつまみながら「がんばれ〜」と選手に声援を送る家族づれはまさに、長野マラソンの応援文化を象徴するシーンです。
DSCN1987.JPG

新興都市型マラソンとは一線を画す、「制限5時間」「仮装禁止」「先着順」を貫いていることも、とくに競技志向の市民ランナーから支持を集める要因かもしれません。
DSCN2080.JPG

※明日はvol.2レース篇をお届けします。

 
posted by 名古屋RJ編集長 | マラソン大会レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif