yoko_okumikawa_tabiruun.png

2014年08月01日

あいスポ×名古屋RJコラボ花RUNコース第2弾は笠寺界わい。

愛知県のスポーツ情報を発信するポータルサイト「あいスポ」。名古屋ランニングジャーナルでは、コラボ企画として「花RUN」コーナーを監修&プロデュース。わたくし自ら走ってプランニングした、とっておきのコースを1年間シリーズでお届けしています。1弾目の「愛西市の花ハス鑑賞RUN」に続く第2弾は、名古屋市南区を走る花RUNコースです。
aispominamiku_9.JPG

スタートは名鉄「本笠寺」駅。笠寺商店街を抜け、第1みちくさスポット「笠寺観音」へ。参拝を終えたら境内奥の出口から細い路地を通って「笠寺公園」の小高い丘を上ります。
aispominamiku_13.JPG
aispominamiku_2.jpg

笠寺公園一帯は「見晴台遺跡」として有名。考古資料館や住居観察館が無料で観覧できます。住居観察館には原始人ファミリーの原寸大レプリカが展示してありましたが、残念なことに最近取り壊されてしまいました。
aispominamiku_4.jpg
aispominamiku_15.JPG
aispominamiku_16.JPG

笠寺公園から少し東へ進むと、ほどなくして「中井用水緑道」につきあたります。地元の方々が大切に育てている花々を愛でながら気持よく走れるコースです。
aispominamiku_8.JPG

中井用水緑道の終点に広がるのが「大江川緑地」。入口付近にミニヒマワリ畑があるのでチェックしてみてください。
aispominamiku_7.JPG

大江川緑地は東西に長い公園(約2km)で、ロード2本、不整地1本、計3本のフラットなコースが整備されています。距離表示が100mごとに設けられているのもランナーにってはうれしいかぎり。
aispominamiku_10.JPG

なによりこの公園の素晴らしさは、コースのほとんどが木陰につつまれること。まさに、暑い時期の走り込みには名古屋No.1といっても過言ではないほどの好条件が揃っています。
aispominamiku_11.JPG

あいスポに提供したコースは、大江川緑地の西端を折り返して「元塩公園」を北へ進むルート。最終みちくさポイントの「ガイシプラザ」には、名古屋のスポーツに関する展示や資料が閲覧できる「スポーツ振興会館」やプール、スポーツジムなどが揃っています。
aispominamiku_12.JPG

ゴールはガイシプラザに隣接するJR「笠寺」駅ですが、その前に健康ランド「湯〜とぴあ宝」でさっぱりと汗を流すのもおすすめ。
aispominamiku_6.jpg

さまざまなお風呂やサウナが楽しめるうえ、各種マッサージ、食事処、映画まで楽しめるまさにユートピア。走ったあとは湯〜とぴあ宝でジョッキ片手に大宴会・・・これぞランナーの健全な休日の過ごし方ではないでしょうか。
aispominamiku_1.jpg
aispominamiku_5.jpg



愛知県のスポーツ情報ポータル「あいスポ」はこちら。

<お知らせ>
名古屋ランニングジャーナルfacebookページ開設


●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!  
posted by 名古屋RJ編集長 | 旅ランのすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif