yoko_okumikawa_tabiruun.png

2014年07月03日

かわいいネコたちがマラソン大会を中止に追い込む!?

台北市(台湾)には多くのネコが住みついている通称「猫村」と呼ばれるエリアがあり、休日にはネコ好きな観光客でにぎわいをみせるのだとか。しかし、そんな愛くるしいネコたちにより、とあるマラソン大会が中止に追い込まれる可能性が出てきました。
nekotan_2.jpg

台湾の国営通信社「中央社」の報道によると、9月開催予定のマラソン大会(21km・9.5km)のコースが「猫村」周辺を通過することが発覚。
nekotan_1.jpg

これを受け、『一部の愛猫家らが、大会の実施で多くのランナーに驚いた猫が車道や線路へ飛び出す恐れがあるなどと影響を指摘』(中央社)する事態に。
nekotan_4.jpg

会員制交流サイトに設けられたページでは、『1万3000人を超える賛同者が支持を表明しているほか、中止やコース変更などを求める書き込みが殺到』しているとのこと。

じつはこのマラソン大会、今回が初めてではなく昨年も同コースで実施しており何の問題もなかったそうです。

なぜ今年に限って抗議が殺到したかというと、『イベント名称に「猫村」の表記を加えた』のが原因。もしかして「猫だらけのマラソン大会!猫村ロードレース」とか?かなり魅力的です。
nekotan_3.jpg

主催者は予期せぬ激しい抗議により、大会名称の変更を余儀なくされました。しかし反対派の勢いは収まらず、『大会当日に現場で抗議運動を行う』可能性もあると息巻いています。

さて、愛猫家は「猫が驚いて車道へ飛び出す」などと指摘していますが、果たしてそうでしょうか。猫はそこまで鈍感ではないと思います。

集団で走ってくるランナーを早い段階から察知して、物陰からまったり見物を決め込む姿が目に浮かびます。現に前回大会の際は何も起こらず、ネコたちの平穏な生活はおびやかされなかったのが何よりの証拠。

そういえば、公園などランナーが多い場所にはネコがたくさん住んでいます。たとえばネコ天国の名城公園で、ランナーに驚いてパニックになるネコなど見たことがありません。ランナーには目もくれずコース脇で寝ているだけ。

今回の騒動はいささか過剰反応かな?と感じざるをえません。ところで、日本の“猫アイランド”田代島(宮城)では、かつて本当にマラソン大会が行われていました。『ネコだらけのマラソン大会』、誰か企画してください。
nekotan_5.jpg

■『』内太字は「中央社(フォーカス台湾)」の記事より。

↓エントリー〆切迫る!名古屋RJも参戦します!↓
サマーナイトラン


<お知らせ>
名古屋ランニングジャーナルfacebookページ開設


●『改訂版 名古屋みちくさランニング』発売中!
 
posted by 名古屋RJ編集長 | ランニュースPickUp | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋ランニングジャーナルとは?

ランナーによるランナーのための“ランニングWebマガジン”。ランニングコラムやマラソン大会レビューを中心に、完全オリジナルトピックを毎日(平日)更新中!詳しくはこちらをご覧ください

media_banner.jpg
aispo_hanarun.gif
Frun_banner.gif
1359972130xqT62ZAY_sqdZPZ1359972130.gif
facebookbotun.png
abirun_banner2.gif
NRJ_banner34x8.gif